アコムとアイフルの違いを比較していきましょう

アコムとアイフルは創業年数も古く、消費者金融業界のスタート当初から業界をリードしてきたトップ消費者金融です。

 

テレビCMの量も多く、お金を借りるための機関としては、どちらも認知されているのではないでしょうか。

 

お金を借りる時、アコム、アイフルどちらの方が向いているのか比較して検証してみましょう。

 

アコムとアイフルを金利で比較

アコムもアイフルも同じ消費者金融です。

 

お金を借りる時に一番比較しやすいのが金利体系ですので、アコムとアイフルの金利体系を比較し、どちらに優劣があるのか検証していきます。

 

アコムの金利

アコムの金利は、限度額によって差が出る仕組みになっています。

 

  • 限度額が1万円〜99万円 適用金利は7.7%〜18.0%
  • 限度額が100万円〜300万円 適用金利7.7%〜15.0%
  • 限度額が301万円〜500万円 適用金利4.7%〜7.7%
  • 限度額が501万円〜800万円 適用金利3.0%〜4.7%

 

最小金利は3.0%ですが、この金利の審査に通るには総量規制の関係上、年収1500万円が必要です。

 

年収1500万円なら他の銀行などの金融機関がいくらでも貸してくれるでしょうから、実際にはこの金利を適用されている人は殆どいないと言えるかもしれません。

 

消費者金融の金利は初利用者に対して金利幅の上限を適用する事が多くなっていますので、

 

  • 年収300万円未満の人は金利 18.0%
  • 年収900万円未満の人は金利 15.0%(※金利はあくまで目安)

 

がアコム初利用者の借入金利になるでしょう。
この金利は法律で定められている利息制限法ギリギリの金利です。
この点から見ると、アコムの金利は決して安いとは言えないでしょう。

 

アイフルの金利

アイフルのフリーキャッシングの金利は、3.0%〜18.0%になっています。

 

アイフルのフリーキャッシングの口コミを見ると、『初利用者は利息制限法の上限になる』という口コミが多く確認されますので、アイフルも金利は15%か18%になるでしょう。

 

フリーキャッシングの金利を見ると、アコムとアイフルに差はありませんが、アイフルには「ファーストプレミアムカードローン」というVIP層向けのローンサービスが用意されています。
こちらの金利体系は、

 

  • 100万円以上200万円未満 年4.5%〜9.5%
  • 200万円以上300万円未満 年4.5%〜8.5%

 

と上限値がフリーキャッシングに比べて大きくリーズナブルになります。

 

金利面で比較するとファーストプレミアムカードローンが選べるアイフルの方が優れている

フリーキャッシングであると、アコムとアイフル、どちらも金利面ではっきりとした差は無さそうでした。

 

しかしながら、アイフルではVIP層向けのファーストプレミアムカードローンがありますので、審査に自信がある人は金利を最初から安く借りる事が出来る可能性があります。

 

ファーストプレミアムローンは特に「年収が幾ら」という縛りはありませんので、初めて消費者金融を利用すると言った人はアイフルのファーストプレミアムカードローンに挑戦してみるといいでしょう。

 

金利面では、金利がリーズナブルになるプランを用意している『アコムよりアイフルの方が優れている』と言えそうです。

返済の自由度が高いのは?アコムとアイフルの最低返済額を比較

金利に続いて、それぞれの月々の最低返済額について比較していきます。

 

最低返済額が低い方が、余裕のある返済を続ける事が出来る重要な部分です。

 

アコムの最低返済額の決定ルール

アコムの最低返済額は借入後残高によって返済額が決まっていくルールになっています。

 

  • 契約極度額30万円以下の場合は 借入残高の4.2%以上
  • 契約極度額30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
  • 契約極度額100万円超の場合 借入残高の3.0%〜1.5%以上
  • 1,000円未満切り上げ

 

契約極度額が100万円を超えた場合、最低返済額の割合を選べるようになる様です。

 

借入後残高ですので、仮に契約極度額が『30万円超、100万円以下』の人が50万円を借りると50万円×3.0%=15,000円がアコムの毎月の最低返済額になります。

 

新たに借りない限り、この返済額が最低返済額がベースとなり、毎月期日に返済していかなければいけないわけです。

 

アイフルの最低返済額の決定ルール

アコムが極度額によるパーセンテージで最低返済額が決まるのに対し、アイフルは借入後残高で決定します

 

  • 借入後残高10万円以下 4,000円
  • 10万円超〜20万円以下 8,000円
  • 20万円超〜40万円以下 11,000円
  • 40万円超〜50万円以下 13,000円
  • 50万円超〜60万円以下 16,000円
  • 60万円超〜70万円以下 18,000円
  • 70万円超〜80万円以下 21,000円
  • 80万円超〜90万円以下 23,000円
  • 90万円超〜100万円以下 26,000円
  • 100万円超 300万円以下は10万円ごとに1,000円ずつ加算

 

50万円を借りたとき、アイフルの最低返済額は13,000円です。

 

アコムとアイフルの最低返済額はどちらが少ないか

アコムとアイフルの最低返済額を確認すると、借入額50万円の場合、

 

アコムは15,000円〜7,500円(契約極度額と設定による)
アイフルは13,000円 

 

と言う事になります。

 

150万円を借りたときは、

 

アコムは45,000円〜23,000円(借入後残高の3.0%〜1.5%)
アイフルは31,000円

 

となるので、『100万円超の大きな金額を借りるときはアコムの方が最低返済額を小さくできる』と言った結果が見えます。

アコムとアイフルをサービス面で比較!多種多様なサービスを持っているのはどっち?

アコムとアイフル、どちらも消費者金融業界で前衛的なサービスを提供して来た過去があります。

 

アコムとアイフル、現在はどちらのサービスが優れているのか、サービス面で比較していきます。

 

アコムとアイフル両方にあるサービス

アコムとアイフルの主要サービスで、両方にある主要なサービスは以下の様になります。

 

  • 初回利用者に30日間の無利息期間
  • 貸金業法を利用したおまとめローン
  • 自営業者を対象にしたビジネスローン
  • 審査結果が出るまで最大30分

 

この辺りの利便性は、アコム、アイフルに差はない様です。
審査スピードはアコムの方が若干速いと言う口コミはありますが、10分程度の話ですから特に気にする必要はないでしょう。

 

アイフルにあって、アコムにないサービス

アイフルは独立系消費者金融ですが、前衛的なサービスを行ってくれます。
アイフルに合って、アコムにないサービスをまとめると、

 

  • スマホアプリでセブン銀行を操作できる
  • VIP層の金利が安くなるファーストプレミアムカードローン
  • 不動産担保ローン

 

特にVIP層向けの金利体系があるのは大手消費者金融ではアイフルだけですので、これだけで検討する価値はあるかもしれません。

 

他の消費者金融で扱っていない、不動産を担保にしたローンがあるのもアイフルの魅力です。

 

アコムにあって、アイフルにないサービス

アコムには『アコム ACマスターカード』といい、クレジットカード機能がついたキャッシングカードを作る事が出来ますが、アイフルに類似するサービスはありません(以前あったが現在サービス停止)。

 

アコム ACマスターカードは審査に通りやすいクレジットカードと言われていますので、クレジットカードを作りたい人はアコムに申し込んだほうがいいでしょう。

 

アコムとアイフル、サービス面ではアイフルに軍配

現在のサービスの充実度では、アイフルに軍配が上がる様です。
アイフルは顧客に合わせて、色々な特殊系ローンがありますが、アコムにはありません。

 

アコムではクレジットカードを作る事が出来ますが、利用頻度としてはそんなに高くはないでしょう。
トータル的に見ると、『サービスではアイフルの方が優れている』 と言えそうです。

審査通過率はどちらが高い?アコムとアイフルの審査通過率

最後にそれぞれの審査通過率について比較して行きます。
アコムとアイフルの2017年度の審査通過率、及びその差は以下の様になります。

 

2017年度

アコム
新規貸付率

アイフル
無担保新規成約率

アコム-アイフル
4月 45.1% 42.5% 2.6%
5月 47.7% 42.0% 5.7%
6月 46.8% 42.9% 3.9%
7月 45.2% 47.3% -2.1%
8月 45.8% 47.4% -1.6%
9月 45.3% 47.3% -2.0%
10月 44.9% 46.4% -1.5%
11月 44.7% 45.9% -1.2%
12月 43.0% 47.3% -4.3%
1月 42.0% 45.8% -3.8%
2月 44.1% 45.9% -1.8%
3月 43.2% 46.5% -3.3%

 

 

アコムは2017年度の4月、5月、6月こそアイフルより通過率は良かったのですが、それ以降は全て逆転されています。

 

一方でアコムとアイフルに申し込む客層を考えて見ると、アコムは『銀行グループの一員』なのに対し、アイフルは独立系なのでアイフルの方が申し込んでくる客層は悪いと考えられます。

 

にもかかわらず、アイフルの方が審査通過率はいいと言うことは、『アイフルの方が審査基準は甘い可能性がある』という事が推測できそうです。

 

審査に自身がない人はアコムではなくアイフルに申し込むようにしてください。
きっといい結果が出るはずです。