アコムとレイクALSAの違いを比較していきましょう

レイクALSAは新生銀行グループから2018年に設立されたばかりの消費者金融です。
銀行カードローンのレイクが新規受付を停止し、銀行カードローンレイクのサービスを継承したのがレイクALSAですが、老舗消費者金融アコムと比べると、色々な面で違いが出てきているとされています。

 

老舗のアコムとレイクALSAを多方面から比較し、違いについて解説をしていきます。

 

アコムとレイクALSAを金利で比較

多くの人が、最初に気にするのは金利ですよね。どちらが得なのかでしょう。

 

まず、アコムの金利体系は、フリーキャッシングの場合、

 

  • 限度額が1万円〜99万円 適用金利は7.7%〜18.0%
  • 限度額が100万円〜300万円 適用金利7.7%〜15.0%
  • 限度額が301万円〜500万円 適用金利4.7%〜7.7%
  • 限度額が501万円〜800万円 適用金利3.0%〜4.7%

 

となり、限度額に応じて金利が下がっていく方式をとっています。

 

下の方の金利は安くて魅力的に見えますが、総量規制が関係してくるアコムでは、年収300万円未満の人は7.7%〜18.0%、年収900万円未満の人は7.7%〜15.0%までしか適用される事はありません。

 

アコムの口コミから情報を取り出すと、『初回借入の人は金利の上限になる』と言った口コミが多くみられるので、18.0%か15.0%が適用されると思っておいた方が良さそうです。

 

一方でレイクALSAの金利は、

 

  • 限度額100万円未満 15.0%〜18.0%
  • 限度額100万円以上〜200万円以下 12.0%〜15.0%
  • 限度額200万円超〜300万円以下 9.0%〜15.0%
  • 限度額300万円超〜400万円以下 7.0%
  • 限度額400万円超〜500万円以下 4.5%

 

となっています。

 

300万円超から金利は一気にリーズナブルになりますが、300万円の限度額を作るには年収900万円が最低必要ですので、あまり参考にならないでしょう。

 

口コミでは初めての顧客は上限値が適用されると書かれていますので、金利は18.0%か15.0%になると考えるべきです。

 

以上の点から、初回借入時だけに限定すると、『アコムもレイクALSAも基本金利は同じ』という事が言えます。
金利面ではどちらも優位性は無いので、別の判断基準でどちらに申し込むか検討した方がいいでしょう。

最低返済額が少ないのは?アコムとレイクALSAの最低返済額を比較

今度は『最低返済額のルール』からアコムとレイクALSAを比べていきます。

 

アコムの最低返済額の決定ルールは、

 

  • 契約限度額30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
  • 契約限度額30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
  • 契約限度額100万円超の場合 借入残高の3.0%〜1.5%以上

 

と契約限度額のステージによって、パーセンテージが変わる方式をとっています。

 

一方でレイクALSAの最低返済額の決定ルール(残高リボリビング払い方式)は、

 

  • 借入後残高1〜100,000円 4,000円
  • 借入後残高100,001〜200,000円 8,000円
  • 借入後残高200,001〜300,000円 12,000円
  • 借入後残高300,001〜400,000円 13,000円
  • 借入後残高400,001〜500,000円 14,000円

 

と借入後残高のステージによって最低返済額が変わるルールを採用しています。

 

50万円(計役限度額50万円)を借りた場合、アコムの最低返済額が15,000円に対し、レイクALSAは14,000円ですので、若干レイクALSAの方が最低返済額は少なくなるわけです。

 

更にレイクALSAの場合は、「最低返済額を減らす相談に乗る」とも書かれていますので、生活が苦しい時はレイクALSAの方が柔軟に動いてくれる可能性があるでしょう。

 

自由度の高い返済をしたい人は、レイクALSAに申し込むようにしてください。

サービス面でレイクALSAはどの様に違うのか?アコムとレイクALSAをサービス面で比較

続いてアコムとレイクALSAをサービス面で比較していきます。

 

アコムにあって、レイクASLAに無いサービス

アコムにあって、レイクALSAに無いサービスは、『貸金業法を利用したおまとめローン』です。

 

アコムには借り換えや一本化を目的とした、『総量規制の例外』を使ったおまとめローンサービスがありますが、レイクALSAはそのサービス自体を用意していません。

 

レイクALSAで他社の借金の一本化を考えた時、『借り換え分+新規契約分あわせて年収の3分の1』という縛りを受けてしまいますので、実質的にはレイクALSAで一本化は不可能と言えるでしょう。

 

借り換え・一本化目的であるなら、レイクALSA以外へ申し込むようにしてください。

 

レイクASLAにあってアコムに無いサービス

今度は逆に、レイクALSAにあって、アコムに無いサービスについて比較していきます。

 

  • 初回借入5万円まで、180日間無利息
  • 銀行ATM(レイクALSAは新生銀行ATM)が無料
  • コンビニATMが無料
  • アプリのコードを読み込み、セブン銀行ATMを操作できるアプリサービス
  • 申し込みからその場で仮審査の結果がわかるサービス

 

初回借入時、30日間の無利息期間サービスはアコムにもレイクALSAにもありますが、レイクALSAは30日間の無利息か、5万円まで180日間の無利息かを選択できます。

 

少額しか借りない人にとって180日間無利息になるのはうれしいサービスでしょう。

 

新生銀行ATMとコンビニATMが無料で使えるところも、レイクALSAの嬉しいところです。
金利以外のコストを大きく下げる事が出来ます。

 

アプリのコードでセブン銀行ATMが操作できる機能もカードレス取引でとても便利になります。
カードを取りに行く、銀行の営業時間を気にする煩わしさから解放される等で、使い勝手は抜群に良くなるでしょう。

 

仮審査結果の時間でも比較すると差があるようです。

 

レイクALSAは申込内容を入力しただけで最後に仮審査の結果画面が出てきますが、アコムは連絡待ちになり30分程度時間がかかってしまいます。

 

審査が通るか急いでいる人にとっては、レイクALSAのその場で審査結果が出るサービスは非常に役立つでしょう。

 

通常使うフリーキャッシングでは、サービス面で『レイクALSAはアコムの一歩先を行っている』と言えるでしょう。

 

ただし、おまとめローンサービスはレイクALSAに用意されていないので、おまとめ・借り換え目的の人はアコムに行ってください。

審査通過率は?アコムとレイクALSAの審査通過率

アコムとレイクALSA、どちらが審査通過率は高いのでしょうか。

 

アコムの審査通過率は、2017年度、一番低い月で42.0%、一番高い月で47.7%でした。
この数字は消費者金融の中では普通と言える数字ですので、審査難易度は難しくも簡単でもないと言えるでしょう。

 

一方でレイクALSAの審査通過率は、公表されていないので、正確な数字はわからなく、客観的に比較することが出来ません。

 

但し、レイクALSAは銀行カードローンレイク時代の審査体制をそのまま引き継いでいると考えられます。レイク時代の審査通過率はかなり厳しい方でしたので、レイクALSAの審査通過率はアコムよりは悪くなると推測できるでしょう。

 

審査通過するかわからないという人は、レイクALSAよりアコムを選択してください。
その方が審査通過の可能性は高まります。