プロミスとアコムから借りている時、借り換えは必要か?借り換えの効果について徹底検証

プロミス、アコム両社から借りていて、借金をまとめるか迷っている人は多いのではないでしょうか。
借り換えを行えば発生利息という実質的なコストを下げる事ができ、更に月々の返済を元本返済に回す事により早く完済する事が出来ます。
プロミス、アコム両社から借りている状態で、借り換えを行う場合についてシミュレーションします。

 

プロミスとアコムの金利

借り換えを検討する時に大切なのは、今どの位の金利で借りているのかを把握する事です。

 

最初にアコムの金利を見てみましょう。
アコムの金利は、

 

  • 1万円〜99万円 7.7%〜18.0%
  • 100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
  • 301万円〜500万円 4.7%〜7.7%
  • 501万円〜800万円 3.0%〜4.7%

 

と言った金利体系になっています。

 

アコムの金利体系は次のようになっています。

 

  1. 大体の人は300万円以下しか総量規制の関係で限度額が設定できない(年収900万円以上必要になるため)
  2. はじめての利用者の場合、利息制限法の上限になる。

 

ですので、アコムの場合大半の人が18%、もしくは15%の金利を支払っていると思われます。
プロミスも同じような金利決定プロセスになっていますので、アコム、プロミスを含め殆どの消費者金融で借りている人が15%〜17.8%の金利を支払っているでしょう。

 

プロミスとアコム両方から50万円ずつ、金利17.8%〜18%で借りている時

プロミスとアコムなどの複数社から、両方から50万円ずつ、17.8%〜18%の金利で借りている人は、借り換えによる効果が大きくなります。

 

消費者金融の法律となる利息制限法では、『100万円を超える金額を貸し付ける場合、利息上限は15%以下とする』と定められており、プロミスとアコムなど複数社をまとめ、1社当たりの借入金額を100万円超にする事により金利を下げる事が可能です。

 

銀行カードローンなど金利がリーズナブルなローンに借り換えると、発生するコストをさらに下げる事もできます。

 

銀行カードローンで借り換えるとしてシミュレーション

プロミス、アコムなどの消費者金融から金利18%で借りている状態から借り換えを行うとして、金利14.5%、金利12%、金利10%、金利8%になると、どの位の効果が出るのか検証してみましょう。

 

200万円を5年間の元利均等返済方式で返済するとして、金利18%の場合でシュミレーションします。

 

金利 18%
毎月の返済額 約5.1万円
5年間の総支払額 約305万円
発生コスト 約105万円

 

このような結果になり、5年間で105万円、1年あたり21万円、1か月あたり1.75万円もの金利を負担しなければいけません。

 

一方で、借り換えによってアコム、プロミスなどの借入金を金利14.5%、金利12%、金利10%、金利8%に下げる事が出来れば、次のように結果が変わります。

 

金利 毎月の返済額

5年間の
総支払額

発生コスト
18.0% 約5.1万円 約305万円 約105万円
14.5% 約4.7万円 約282万円 約82万円
12.0% 約4.45万円 約267万円 約67万円
10.0% 約4.25万円 約255万円 約55万円
8.0% 約4.05万円 約243万円 約43万円

 

 

18%と8%の差をみると、月の発生利息が1万円以上減る事になり、月々の負担が少なくなります。

 

多めに返済すれば、なお効果が上がる

プロミスとアイフルなど消費者金融の金利をまとめる事による効果は単純な金利節約だけではありません。
仮に金利が安いカードローンに借り換えて、月々の返済金額を18%の時と同じ金額にすれば、元本返済が進みさらに金利の節約を行う事が出来ます。

 

200万円を借りて、18%時代と同じく月々5.1万円の返済を続けるとして完済までの期間と発生コストを見ていくと、以下のようになります。

 

金利 毎月の返済額 完済期間 発生コスト
18.0% 5.1万円 5年 約105万円
14.5% 5.1万円 4年6か月 約72.6万円
12.0% 5.1万円 4年3か月 約55.1万円
10.0% 5.1万円 4年 約43.1万円
8.0% 5.1万円 3年10か月 約32.6万円

 

仮に18%から8%に借り換え月々の支払額を変えなかった場合、発生するコストは約69%ダウンの32.6万円まで減らせます。
返済期間も3年10か月まで短縮でき、借金完済までの期間が大幅に短くなります。

 

銀行カードローン、銀行おまとめローンへの借り換えが出来ないときは?

プロミス、アコムなど多くの借入先から借金をしている人は、銀行カードローン、銀行おまとめローンでまとめようとしても中々審査に通らないといった悩みを抱える人が多くいます。
銀行カードローン、銀行おまとめローンの審査は、借入先が複数社ある人のスコアリング点数が低くなるからです。

 

複数社から借りていて、借り換えが出来ない人は、

 

  1. 先ずは借入残高が少ないところを完済する
  2. 消費者金融のおまとめローンを組んで、複数社にわかれている借入先を整理する
  3. 借入先が1社〜2社まで絞られてきたら、目的の銀行カードローンやおまとめローンに申し込む

 

この手順を試してみてください。
借り入れ先の件数を絞るだけで、審査のスコアリング点数は高くなり通りやすくなります。
借入総額を減らしたり、収入を増やしたりする事は難しいですが、借入先件数を減らす事はわりかし簡単に行うことができ、かつ効果が高い方法です。

TOPへ