アイフルとSMBCモビットの違いを比較していきましょう

アイフルというと大手消費者金融唯一の銀行グループ入りしていない消費者金融です。

 

三井住友銀行グループのSMBCモビットと、運営面での違いはあるのでしょうか。

 

アイフルとSMBCモビットの違いを、金利、最低返済額、サービス、審査面で比較して解説していきます。

 

大きく変わる可能性あり。アイフルとモビットを金利で比較

アイフルの金利とモビットの金利ですが、メインとなるフリーキャッシングでは差は無いようです。

 

  • アイフルの金利は、3.0%〜18.0%
  • モビットの金利は、3.0%〜18.0%

 

と幅に全く差がありません。

 

消費者金融は初利用の場合、幅の上限金利が適用されますので、100万円未満の借入を行う場合は18.0%、100万円以上の借入を行う場合は利息制限法の関係で15.0%になるでしょう。

 

この辺りは両社変わらないと思われます。

 

しかしながら、アイフルには『プレミアムファーストカードローン』という、年収が高い層に向けたカードローンサービスが別途用意されており、この金利体系は普通のカードローンと異なります。

 

<アイフルのプレミアムファーストカードローンの金利体系>

  • 100万円以上200万円未満 年4.5%〜9.5%
  • 200万円以上300万円未満 年4.5%〜8.5%
  • 300万円以上400万円未満 年4.5%〜6.5%
  • 400万円以上500万円 年4.5%〜5.5%
  • 500万円超〜800万円 年3.0%〜4.5%

 

ファーストプレミアムカードローンなら、上限金利が9.5%になりますので、金利でモビットと大きな差が出てくるでしょう。

 

モビットには類似するサービスはありませんので、少しでも安い金利を狙っているのであればアイフルのファーストプレミアムカードローンに申し込んだ方が良さそうです。

 

 

基本ルールは同じ。アイフルとモビットの最低返済額を比較

今度はアイフルとモビットの最低返済額を比較していきます。
アイフルとモビット、最低返済額はどちらも、借入後残高に対してステージで決まっていく制度をとっています。

 

最終借入後残高

アイフル
最低返済額(約定日制)

SMBCモビット
最低返済額

10万円以下 4,000円 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円 8,000円
20万円超過、30万円以下 11,000円 11,000円
30万円超過、40万円以下 11,000円 11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円 16,000円
60万円超過、70万円以下 18,000円 18,000円
70万円超過、80万円以下 21,000円 21,000円
80万円超過、90万円以下 23,000円 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円 26,000円
※以降300万円まで10万円ごとに1000円ずつ増加

※以降300万円まで10万円ごとに1000円ずつ増加

 

最終借入残高が80万円超90万円以下のステージで1,000円違う以外は、アイフルもモビットも最低返済額に差はありません。
ルールは同じですので、最低返済額の面ではアイフルもモビットも気にしないでいいでしょう。

それぞれのいいところが?アイフルとモビットをサービス面で比較

続いてアイフルとモビットのサービス面での差についてまとめてみます。
独立系のアイフルは銀行グループ傘下のモビットと比べると、サービス面で遅れをとりそうな印象がありますが、そうでもないようです。

 

アイフルにあってモビットにないサービス

アイフルにはモビットにないサービスが沢山あります。

 

  • 初めての顧客の30日間無利息期間サービス
  • ファーストプレミアムカードローンなど、信用力の高い層に向けたサービス体系
  • おまとめローン、不動産担保ローン、自営業者向けローン、限度額10万円までの女性向けローン
  • 売掛債権のファクタリング(売掛債権買取)など中小企業向けの金融サービス

 

等のサービスに違いがあります。

 

初利用者の30日間無利息期間サービスは、短期借入の場合利息がかからない便利なサービスですが、アイフルにはあるのにモビットにはありません。

 

また、ファーストプレミアムカードローンの様な、借り手の信用力に応じて金利体系の低いサービスを提供しているのはアイフルだけです。

 

その他にもおまとめローンや女性向けローンはモビットにはなく、アイフルにある優れたサービスと言えるでしょう。

 

アイフルは『自営業者、中小企業』にむけた、金融サービスを多く取り扱っています。
売掛債権のファクタリングや不動産担保ローン、自営業者向けローンは経営者にとって重要なサービスになり重宝するでしょう。

 

アイフルになくて、モビットにあるサービス

逆にアイフルにはなくて、モビットにはあるサービスには以下のようなものがあります。

 

  • 在籍確認の職場電話を含めた、郵送物ゼロ、電話ゼロのWEB完結サービス(条件あり)
  • 銀行ATM手数料無料(三井住友銀行ATMの手数料がかからない)

 

WEB完結と言うサービスはアイフルを含めた他の消費者金融でも行っていますが、申込から在籍確認の職場電話連絡を別の方法で行う専用サービスを提供しているのはモビットだけです。

 

モビットのサービスはオリコン顧客満足度ランキングのノンバンクカードローン部門で1位となっていますが、こういった顧客目線に立ったサービスを提供している所が評価されていると思われます。

 

銀行ATM手数料が無料な面も、モビットの嬉しいところです。
わざわざ消費者金融の設置が少ないATMを探す必要もありませんし、人の目も気になりません。

 

総合的にはアイフルが優れているか。モビットは職場・家族に秘密にしたい人向け

サービス面では、商品の種類、支払利息のコストダウン化が図れるという面ではアイフルが優れていると言えそうです。

 

ただ、モビットは職場電話連絡を省けるWEB完結サービスが魅力的でしょう。

 

在籍確認電話に負担を感じる、職場や家族に絶対にキャッシングが知られたくないという人は、WEB完結のあるモビットの方が満足度の高い借入が出来そうです。

審査通過ではアイフルの勝利?アイフルとモビットの審査通過率

『審査に通りやすい』というのはキャッシング審査を受ける上で、最も重要です。

 

アイフルとモビット、どちらが審査に通りやすいのか、推測してみましょう。

 

先ず、アイフルの審査通過率は公表されており、2017年度の審査通過率は42.0%〜47.3%という事がわかっています。

 

一方でモビットの審査通過率は公表されていませんが、同じ三井住友銀行グループの審査通過率は総合的にアイフルより劣ると言われています。

 

モビットはプロミスより若干審査が厳しいと言われており、更にアイフルは若い世代への融資率が高いという事がデータからわかっていますので、『アイフルはモビットより審査基準が甘い』という事が推測できそうです。

 

パートアルバイト、非正規雇用者と言う人はモビットよりもアイフルを狙った方がいいでしょう。

TOPへ