アイフルとプロミスの違いを比較していきましょう

アイフルとプロミスは消費者金融業界で長年しのぎを削り合うライバル企業です。
銀行の資本が入ったプロミスと、独立系のアイフルで資本内容に違いがある事は多くの人がご存知かと思います。

 

資本内容以外にもプロミスとアイフルは、金利、返済額、サービス、審査通過率でも違う部分があるようです。
プロミスとアイフルの違いについて詳しく比較していきます。

 

アイフルは別プランが用意されている?プロミスとアイフルを金利での比較

多くの人がキャッシング・カードローンを選択する時、金利を一番気にすると思います。
プロミスとアイフルの金利の違いを比較していきましょう。

 

プロミスの金利

プロミスの金利は、4.5%〜17.8%の範囲内で決定されます。

 

「4.5%で借りられるのはいいな」と思うかもしれませんが、初回借入の人は大体、利息制限法の上限からのスタートです。

 

プロミスとの借入がある程度続き、信頼関係が出来てきたら金利引き下げ交渉を行う事によって金利を下げる事が可能になりますが、それはまだ先の話しです。

 

プロミスを初めて利用する人の金利は、

 

  • 100万円未満の借入限度額設定を行った場合は17.8%
  • 100万円以上の借入限度額設定を行った場合は15.0%

 

と考えるといいでしょう。

 

アイフルの金利

アイフルの金利は3.0%〜18.0%になっています。

 

下限金利3.0%はかなり、低い金利ですがこちらも初回借入の人は上限金利(利息制限法の上限)が適用されるので、あまり参考になりません。

 

アイフルも、

 

  • 100万円未満の借入額設定をすれば金利18.0%(0.2%の差は微々たるもの)
  • 100万円以上の借入額設定をすれば金利15.0%

 

という事になります。
普通のフリーキャッシングに申し込んだ場合、アイフルもプロミスもどちらでも金利は変わらないと言えるでしょう。

 

アイフルには金利激安の『ファーストプレミアムカードローン』がある

プロミスと差が無いアイフルですが、通常の商品以外にも「年収の高い高所得者層」むけの『ファーストプレミアムカードローン』といった別サービスを実施しています。

 

この『ファーストプレミアムカードローン』なら金利幅は3.0%〜9.5%、100万円以上200万円未満の限度額でも4.5%〜9.5%といったリーズナブルな金利設定です。

 

どの様な人が借りる事が出来るのかと言うと、

 

  • 満23歳〜59歳で一定の年収があり、アイフルを初めて利用する人
  • 定期的な収入と返済能力を有する人

 

となっていますので、特に一般的な内容なので、誰にもチャンスがあるかもしれません。
一定の年収』がどのようなレベルかはわかりませんが、『自分の信用状態には自信がある!』という人は挑戦してみるといいでしょう。

毎月の返済が楽なのは?プロミスとアイフルの最低返済額を比較

続いてプロミスとアイフルの最低返済額を比較していきましょう。
最低返済額が低い方が、自由度の高い返済計画を立てる事が可能です。

 

プロミスの最低返済額

プロミスの最低返済額は、

 

  • 30万円以下 → 借入後残高×3.61%
  • 30万円超〜100万円以下 → 借入後残高×2.53%
  • 100万円超 → 借入後残高×1.99% ※全て1,000円未満切り上げ

 

で決定されます。

 

150万円を借りたら、150万×1.99%=29,850円なので3万円です。

 

借入後残高で返済額が決まりますので、3万円の返済は追加で借りなければこの数字がずっと続くことになります。

 

借りたらリセットが行われますので、『返済が進んでいるけど今月からちょっとつらい』と思ったら、少額借入を行う事によって最低返済額を新しくすることも可能です。

 

アイフルの最低返済額

アイフルの最低返済額は『35日返済』や『毎月返済』をした場合で変わってきますが、一般的には『毎月返済』を選ぶと思いますので毎月返済で解説します。
アイフルの最低返済額は、

 

  • 10万円以下 → 4,000円
  • 〜20万円以下 → 8,000円
  • 〜40万円以下 → 11,000円
  • 〜50万円以下 → 13,000円
  • 〜60万円以下 → 16,000円
  • 〜70万円以下 → 18,000円
  • 〜80万円以下 → 21,000円
  • 〜90万円以下 → 23,000円
  • 〜100万円以下 → 26,000円
  • 100万円超 300万円以下は10万円ごとに1,000円ずつ加算

 

となっています。

 

150万円の時は31,000円の返済です。
こちらもこの金額を返済していき、新たに借り入れがあった場合に返済金額がリセットされます。

 

プロミスとアイフルの最低返済額を比較、差が無いと判明

150万円を借りた時、プロミスとアイフルの最低返済金額は3万円と3.1万円になりますので、そこまで大きくは変わりません。

 

金額を借りた後に最低返済金額がリセットされるルールも変わりませんので、プロミス、アイフル共に『最低返済金額と言う面では大きな差が無い』と言えるでしょう。

サービスが優れている方は?プロミスとアイフルをサービス面で比較

プロミスとアイフルのサービスについて比較していきましょう。

 

プロミスにもアイフルにもあるサービス

主要なサービスはどちらも抑えておいてほしいものです。
以下の3つのサービスはプロミスにも、アイフルにもある便利なサービスになります。

 

  • スマホアプリでセブン銀行ATMを操作できるアプリローン
  • 郵送物が一切ないWEB完結サービス
  • 初回利用者に利息最大30日間ゼロ円

 

アプリローンはカードレス取引としては便利なサービスです。
振込み融資を行ってもらうと銀行に履歴が残りますし、カードを発行してしまうとお財布は嵩張りますし、取りに行く手間がかかります。

 

公式アプリのコードを読み込み事により、セブン銀行ATMが使えるサービスは重宝する事でしょう。
他にも郵送物が一切ないサービスや、無利息期間のサービスがあるのはプロミス・アイフル共に基本を押さえていると言えます。

 

プロミスにはあるがアイフルには無いサービス

プロミスにあるのに、アイフルにはないサービスが『ポイントサービス』です。

 

プロミスではポイントを貯める事によって、無利息期間の延長を行う事が可能ですが、アイフルには類似するサービスがありません。

 

長期間借りる人にとっては、無利息期間のおかわりが出来るかで、コストが変わってくるので、このポイントサービスは優秀と言えそうです。

 

加えてプロミスでは『三井住友銀行ATM』が手数料無料で使えるのに対し、アイフルは自社ATM以外では手数料がかかってしまいます。

 

手数料を気にしたほうが実質コストは安くなるので、コスト重視ならプロミスを選択したほうがいいでしょう。

 

アイフルにはあるがプロミスには無いサービス

アイフルには通常のフリーキャッシングの他に、VIP層むけの『プレミアムファーストローン』が用意されています。

 

プレミアムファーストローンの金利は最大でも9.5%と低く、有利な条件で借り入れが出来ますがプロミスには類似するサービスがありません。

 

『年収が高く、審査に自信がある』と言う人は、アイフルを選択したほうがいいでしょう。

 

9.5%は大半の銀行カードローンより安い金利ですので、審査に通過すればリーズナブルな借入が出来ます。

審査に通りやすい方はどっち?プロミスとアイフルの審査通過率

最後に審査通過率について比較していきます。

 

プロミスとアイフルの審査通過率はどちらも公表されていますので、表にして比較していきましょう。

 

2017年度

プロミス
成約率

アイフル
無担保新規成約率

プロミス - アイフル
4月 43.9% 42.5% 1.4%
5月 45.1% 42.0% 3.1%
6月 44.8% 42.9% 1.9%
7月 43.9% 47.3% -3.4%
8月 46.0% 47.4% -1.4%
9月 46.4% 47.3% -0.9%
10月 46.8% 46.4% 0.4%
11月 47.3% 45.9% 1.4%
12月 44.8% 47.3% -2.5%
1月 44.6% 45.8% -1.2%
2月 45.9% 45.9% 0.0%
3月 45.6% 46.5% -0.9%

 

2017年度の数字だけ見ると、アイフルが勝っている時もありますが、プロミスの方が新規成約率は優れている月もあります。
審査通過率ではプロミス、アイフル共に明確な差は無いように見えそうです。

 

しかしながら、このデータからは非常に大きな情報が推測できます。

 

  • アイフルはプロミスと違い、独立系
  • プロミスの方が銀行グループなので、ブランド力は高い
  • 当然アイフルよりプロミスの方が申し込んでくる客層もいい

 

にもかかわらず、アイフルとプロミスの審査通過率にそんなに差が無いという事は、『アイフルはプロミスより一回り審査が緩い』と推測できるでしょう。

 

利用者の内訳をみても、アイフルは収入の少ない20代の比率が高くなっているようです。

 

職業が不安定、年収が低いと言った審査に自信が無い人は、プロミスよりもアイフルを狙った方がいいでしょう。
きっといい結果が出ると思います。