カードローンの審査が甘いところにはどんな傾向があるの?甘いカードローンの徹底研究!

「とにかく審査が甘いカードローンを知りたい」と考える人は多くいます。
カードローンは多種多様な業態が参入しており、その審査の緩さや難易度もバラバラにはなっていますが、キチンと研究すると甘い審査のカードローンを見極める事も可能です。

 

審査が甘くて緩いカードローン審査の傾向について徹底研究します。

 

金融会社の業態による審査の難易度

カードローンは銀行、消費者金融、クレジットカード会社などの信販系といった業態からサービスが提供されています。
審査の甘さを見極める時に一つの基本となるのが、業態を見ることです。

 

カードローンの業態の難易度は、

 

消費者金融 ⇒ 信販系 ⇒ 銀行カードローン

 

の順に審査が難しくなっていきます。

 

銀行より消費者金融の方が難しくなくなるわけです。消費者金融の審査に通らない人が銀行カードローンの審査に通ることはないと思ってください。

 

審査に自信が無い人は、審査の甘い消費者金融に申し込んだ方がいいでしょう。

 

特にアルバイト、パート、派遣、契約社員の人は無理に審査難易度が高い銀行カードローンに申し込まない方がいい場合があります。

 

金利が高くなるほど審査に通りやすくなる

一般的にカードローンでは、金利が高くなるほど審査に通りやすくなります。
何故かと言うと、

 

  • 金利を低く設定すると、貸し倒れ率も低くしなければいけない
  • 貸し倒れ率を低くするために、審査を厳格化する
  • 銀行カードローンなどは保証会社がついているので、保証会社への保証料も少なくなり、より審査難易度が上がる

 

という金融機関側に事情が発生するためです。

 

金利15%〜18%、金利10%〜15%、金利10%以下のカードローンの審査難易度を比べた時、明らかに金利が高い方が審査は簡単になります。

 

自身の状況を合わせて、金利の高いところ、安いところを選択するようにしましょう。

 

大手消費者金融は審査通過率を出している

大手消費者金融では、審査通過率(成約率)や通過した客層のデータを月次データや、決算発表で公表しています。

 

このデータは消費者金融審査の色々な情報を推測する事に非常に役立つのです。

 

例えば、プロミス、アコム、アイフルの2018年度3月期審査通過率(成約率)は以下のようになっています。

 

  • プロミス 43.9%〜47.3%
  • アコム 42.0%〜47.7%
  • アイフル 42.0%〜47.4%

 

このように、大きな差がありません。

 

一方で客層は銀行系のプロミスが一番ブランド力はあり、その後にアコムが続き、独立系のアイフルは最後になると予想できます。

 

にもかかわらず、新規申込客の審査通過した割合にそこまで差が見られないという事は、アイフルの審査は幅広い人に対して貸し付けを行っていると予想できるわけです。

 

3社で迷った時にはアイフルを選択すると、審査通過の可能性は高くなるといえるでしょう。

 

季節、月で比べても3社の差は見られますので、状況が変化しないか見極めるとより甘い審査に申し込めそうです。

 

中小消費者金融の方が審査難易度は低い

大手消費者金融よりも審査に通りやすいのは、中小消費者金融です。

 

中小消費者金融が審査に通りやすい理由は、次のように考えられます。

 

  • 普通の人がお金を借りようと考えた時、中小消費者金融に申し込むことはまずない
  • 中小消費者金融に申し込む人は借入過多かブラックの人ばかり
  • その中でも選別して貸し付けなければいけない為、審査は甘くなる

 

審査の甘いカードローンを探しているなら、迷わず中小消費者金融に行くべきでしょう。
特に自身がブラックであると自覚している人は、ブラックを気にしないで審査してくれる中小消費者金融を探す事がお勧めです。

 

銀行カードローンはメガバンクかネット銀行中心に

金利の安い銀行カードローンに融資を頼もうと思っている人も多くいるかと思います。
銀行カードローンの審査難易度は銀行ごとに違うので一概には言えませんが、

 

一般的には、

 

ネット銀行のカードローン&メガバンクのカードローン ⇒ 地方銀行のカードローン

 

といった難易度の構成があるとされています(ネット銀行、メガバンクの中にも難しい所ところ、簡単なところがあり、一概に順番はつけられません)

 

銀行カードローンの金利は千差万別で、金利の安い銀行カードローンほど審査難易度は高くなる傾向があると覚えておくといいでしょう。

 

審査に自信が無い人は、金利が低いところに申し込まない事も、銀行カードローン審査攻略のためのコツです。

 

銀行カードローン保証会社にも気を配ろう

銀行カードローンは必ず保証会社をつけており、保証会社の審査に通らなければ融資は受けられません。
これは銀行が法律で貸し倒れリスクを数値化する義務が付けられているため、個人に直接貸すとリスク判定が煩雑になるため行えないからです。

 

保証会社の付ける上限が必須条件になるため、保証会社の審査は銀行の審査より重要です。
銀行が融資したくても、保証会社が融資をOKしない限り、融資は実行されません。

 

甘い銀行カードローンを探すときは、保証会社にも注意をしましょう。

 

具体的には、次の2つをチェックする事が重要です。

 

  • 大手の保証会社かどうかを見る
  • 複数社の保証会社と提携しているか見る

 

大手の保証会社の方が力はありますので、審査に通る可能性は高まります。

 

複数社の保証会社と提携している場合は、1社の保証会社審査に落ちても、他の保証会社が融資してくれるかもしれません。

 

甘い審査の銀行カードローンを見極めるのには、保証会社を見る事が重要です。

 

 

 

 

TOPへ