カードを発行しないカードレス契約「カードレスローン」の魅力

カードローンの契約をするとき、「カードを発行する契約」か「カードを発行しないカードレス契約」を選ぶ事がカード会社によっては可能だったりします。

 

『どうせ契約するならローンカードがあった方が便利』と感じるかもしれませんが、実はカードレスローンもとっても利便性は高いのです。
カードレスローンの魅力とカードレスローンを導入している会社を紹介します。

 

カードレスローンとは何か?

カードレスローンとはその名の通りカードをレス(less=引く)する取引契約をいいます。
端的に言えばキャッシング・ローンカードを発行せず、借入や返済を行なっていくわけです。
カードレスローンの契約では、

 

  • 財布にキャッシングカードを入れる必要がなくなりスリムになる
  • 返済は基本口座引き落としになる
  • 借入は銀行振込融資を受ける

 

といった利用方法になります。
借入のため、返済のためわざわざATMに行く必要もなく便利です。

 

カードレスローンが向いている人

カードレスローンはカードを発行しないので、通常の使い方より汎用性が少し下がります。
そのため、カードレスローンには向いている人と向いていない人の差が出てくるので注意しなければいけません。
カードレスローンに向いている人は、次のような人です。

 

  • 申し込みから借入まで急いでいない人
  • 休日、祝日に借りなくてもいい人
  • 返済日を忘れがちな人
  • ATMで引き出す時間や手間が煩わしい人
  • 契約の時、自動契約機に行く時間がない人

 

カードレスローンは融資を振込で受け取るため、銀行営業時間外だと送金されません。
同じように休日、祝日も銀行が営業していませんので借入は制限されます。
時間的余裕がある人の方が、カードレスローンに向いているといえるでしょう。

 

返済は毎月必ず発生するものですが、うっかり忘れてしまう人も多くいます。
カードレスローンなら返済は自動引き落としになりますので、忘れっぽい人にカードレスローンはオススメです。

 

カードレスローンは家にいながら、職場で仕事をしながら融資を受ける事が出来ます。
ATMに行って、お金をおろす時間がない忙しい人にはカードレスローンは利便性が高いでしょう。

 

契約の際、カード発行を行う場合はカードを自動契約機に取りに行くか、郵送を待つ手間がかかりますが、カードレスローンならそのような手間はかかりません。

 

契約に労力を使いたくないのであれば、カードレスローンの方が普通のカード発行を行うローンより満足度は高くなるでしょう。

 

カードレスローンのデメリット

便利なカードレスローンですが、デメリットもあります。
それは、次のような点になります。

 

  • 借入も返済も銀行振込・口座引き落としに頼るので履歴が残る
  • ATMを利用したいのに、出来ない事が多い
  • 銀行営業時間外の借入についてはある程度我慢しなければいけない

 

特に家族に秘密にしたいと思う人は、カードレスローンは止めておいた方がいいでしょう。

 

キャッシングカードを使えば明細を捨てることによりある程度ブラックボックスを作る事ができますが、銀行口座は不透明な入金、出金がある事が丸わかりです。
銀行の履歴は長期間残りますので、最初によく考えてから申し込みを行ってください。

 

消費者金融のカードレスと導入企業

消費者金融のカードレスローンサービスは、振込ローンとアプリローンの二つがあります。
それぞれの使い方を確認してみましょう。

 

振込ローン

振込ローンとは、融資を申し込みの際に指定した銀行口座に振り込んでもらう方法です。
大手消費者金融では銀行とシステム提携をしており、申し込みから数秒で電子データが流れ振込が完了します。
注意したいのは、銀行営業時間外は送金に制限がかかる点です。

 

『即日融資をお願いしたい』という人は、銀行営業時間外となる平日15時過ぎ、休日、祝日で営業がされていない時間に気を配らなければいけません。
振込みローンは大手消費者金融なら何処でも導入されています。

 

アプリローン

最近新しく出来た借入の形態がアプリローンです。
アプリローンは

 

  • セブン銀行ATMに対応している
  • スマホアプリがキャッシングカードの代わりになる
  • カードレスローンなのに銀行営業時間を気にする必要がない

 

といったメリットが発生します。
カードレスの利便性と、キャッシングカードの時間の自由度を併せ持つ新しい借入方法になります。

 

大手消費者金融の、プロミス、アイフル、モビット、レイクALSAで対応しています。
利用のたびに手数料がかかるのがネックですが、ここぞという時には役に立つサービスです。

 

銀行カードローンのカードレスの魅力と導入企業

カードレス取引は消費者金融が主流ですが、銀行カードローンの中にもカードレス取引を導入しているところがあります。

 

  • 銀行カードローンのカードレスの魅力は、
  • 普通預金口座を作らないで利用できる事がある
  • 普通預金口座を作ると、余計な本人確認などを行わなければいけないがその手間が軽減する
  • カード郵送に時間がとられないので、融資実行を受け取るまでの時間が短縮化される
  • 既存の預金口座を持っていれば、振込融資や口座引き落としによる返済が便利

 

といった点があげられます。

 

三井住友銀行カードローンなどは、普通預金口座を開いている人はキャッシュカードを使ってお金が借りられるようになり、実質カードレス取引と同じになります。

 

ネット銀行も大体同じようなサービスで、キャッシュカードとローンカードが一体化しているので、大半の銀行サービスがカードレス対応になっているといえるでしょう。

 

普通預金口座を持っていないときは、これを機に普通預金口座を作ってもいいかもしれません。
銀行口座があった方が振込み手数料がかからない事が多く、返済にも便利です。

 

TOPへ