引っ越し費用を借りたい!引越し費用が足りない時に便利でお得なカードローン

引っ越しには色々お金が必要です。
新生活への期待も大きくなりますが、引っ越し費用が結構かかるので、どうすればいいのかわからない人も多くいるのではないでしょうか。

 

引っ越し費用を借りたい時にチェックするべき、お得なローンの選択方法とおすすめローンについて解説します。

 

引っ越しにかかる費用

引っ越しが生まれて初めての人や、引っ越しの経験があまりない人はどの程度の費用が必要なのかわからないと思います。
引っ越しの際に支払う料金をざっとあげてみると以下のようになります。

 

  • 物件の敷金・礼金
  • 不動産屋への手数料
  • 保証会社への手数料
  • 鍵の交換代金
  • 部屋のクリーニング代
  • 引っ越し会社への費用
  • 新しい物件の家具
  • カーテンなどのインテリア
  • 照明
  • 親元からはじめて一人暮らしする人は家電類

 

このように沢山のお金が出ていきます。
「今の部屋の家具家電をそのまま使えば、そんなにかからないんじゃないの?」と思ってはいけません。

 

新しい引っ越し先でカーテンの長さが合わなくて買い直しになるなど、お金は飛ぶように出ていきます。

 

一人暮らしで引っ越しをするケースでは、家具や家電は購入しなくて済むとして30万〜50万円、長距離になるともっとかかり、家具、家電が一つもない状態だと軽く100万円オーバーすると思った方がいいでしょう。

 

よい引っ越しをするための心構え

「お金がないので、それに見合った引っ越しをするよ」と言う心構えをする人がいます。
残念ながら、このような考え方は見通しが甘いとしか言えないでしょう。

 

例えば、引っ越しにおいて最も初期費用として大きなお金がかかるのは家賃よりも、敷金、礼金、不動産会社への手数料です。

 

家賃8万円のところに入居しようとすると、礼金一ヶ月、敷金二ヶ月、不動産会社の手数料が一ヶ月、前払いの家賃がさらに一ヶ月分かかるので初期費用で32万円もかかってしまいます。

 

その後に出ていくお金を考えると、貯金を沢山持っていない人はいきなり危機を感じてしまうことでしょう。

 

ここで選択できる方法は2つ、

 

  1. ゼロゼロ物件や仲介手数料なしの不動産屋で初期費用を節約する
  2. 銀行、クレジットカード会社、消費者金融から借りる

 

しかありません。

 

一見すると借金をして、高い利息を払うよりは1の「初期費用を節約する方法」の方が良さそうですが、初期費用の節約には、

 

  • 物件が制限される(古い、汚い、不便な物件だけ)
  • 事故物件などに入居する可能性がある
  • 手数料の安い不動産屋には悪い物件しか集まらない
  • 最終的に物件が気に入らない、病気になるなどして、数か月〜1年程度でまた引っ越さなければいけなくなる

 

という最悪のシナリオが起こるケースが多いのです。
再引っ越しを行ってしまうと、再び50万円程度の費用が発生しますので、「引っ越し貧乏」になる事になりかねません。

 

ここは多少のコストを払っても、2の「引っ越し費用をローンで借りる」事を恐れない心構えが必要になります。

 

引っ越しの時に組めるローンの種類

ローンと言うと、「サラ金」のイメージが強くなりますが、ローンには沢山の種類があります。
引っ越しの際に使えるローンとその特徴を紹介しましょう

 

消費者金融のキャッシング

引っ越し代金の他に、様々な用途に応じたお金を借りる事が出来るのが消費者金融からのキャッシングです。
金利は15%〜18%と、50万円を借りると2年返済で約8.2万〜9.9万(月3,416〜4,125円、元利均等返済方式で計算)の金利が発生するのがネックですが、用途にとらわれることなく、フリーターや派遣などの人でも審査に通りやすい特徴があります。

 

銀行カードローン

銀行カードローンは銀行からの借入を行う時に最もポピュラーな借入方法です。
金利は8%〜14.5%位が相場で、こちらも使用用途に制限はありません。
8%で借りる事が出来れば、2年元利均等返済方式でコスト総額は約4.3万円(月1,791円)まで下げる事が出来ます。
初めての借り入れでは最初に検討したいですが、金利の低さに応じて審査が難しくなるので自分の状況を客観的にみて選択するといいでしょう。

 

目的別ローン

銀行、消費者金融には「引っ越し代金」など目的に応じて組めるローンがあります。
このローンは用途が制限される代わりに、普通のローンよりもリーズナブルです。
引っ越しでお金を借りたい時には専用の目的ローンを探してみましょう。

 

状況に応じたローンの選択方法とおすすめローンを紹介

ローンが沢山あると、どのローンを選択すればいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。
状況に応じたローンの選択方法と、おすすめしたいローンを紹介します。

 

<今お金がないが、ボーナスなどで1〜3か月以内で返せる>
引っ越し代金を借りたいけど、1〜3か月以内に大きなお金が入ってきて返済できる見通しがある人には、大手消費者金融のキャッシングがお勧めです。

 

大手消費者金融は

  • 初めての利用者に対して、30日間の無利息期間が用意されている
  • 短期間で返せる見通しがあるなら、無利息期間利用でコストを下げられる
  • その後も予期せぬ事でお金が必要になった時でも対応できる
  • 審査にも通過しやすい

 

と言った利点があります。

 

大手消費者金融でも30日間の無利息期間は、アコム、プロミス、アイフル、レイクALSAで導入しています。

 

借入が長期になりそうな時は

『家具家電も購入しないといけなくて、引っ越し代金の総額が多くかかる』、『返済に回せる金額がすくない』などといった理由から借入期間が長期化しそうな人は、金利の低い銀行カードローンか目的別ローンを選びましょう。

 

金利が低ければ、

 

  • 将来的に発生するコストを下げる事が出来る
  • 返済が上手くいかず、追加の借入が必要な時も対応しやすい
  • 長期的な余裕をもった返済が期待できる

 

といった利点があります。

 

引っ越しの目的ローンは、みずほ銀行多目的ローン(変動5.875%、インテリアの購入、引っ越し代等様々な目的に利用可能)等、メガバンク、地銀に多く用意されています。

 

既に既存借入があったり、フリーターなど収入が安定しなかったりすると審査に落とされる事もありますが、金利10%以下を目安に安い金利のローンを探すようにしましょう。

TOPへ