銀行カードローンは口座なしで借りる事ができるのか?銀行口座なしで借りれるカードローンを紹介

銀行カードローンに申し込む時に面倒くさいのが銀行預金口座の開設です。
預金口座を開設すると、使わない銀行口座が出来てしまい、引っ越しの時に連絡する先が増えるなど管理が大変になったりします。

 

その様な声に応えて、銀行カードローンの中には、預金口座を作らなくても借りることができるカードローンが存在します。
預金口座開設なしで作れる銀行カードローンを紹介します。

 

そもそもなぜ預金口座開設が必要なのか

銀行カードローンが預金口座開設とセットになっている理由は、返済時に自行の銀行口座を引き落とし返済に使うルールにしている銀行が多いからです。

 

銀行カードローン利用者に預金口座を作って貰えば、預金口座の獲得件数の実績になりますし、その後も末長く付き合ってもらうシナジー効果が期待できます。

 

もう一つの理由としては、預金口座を開設しないということは、借入の際に他行に振り込む、返済の際に他行から振り込まれることになる事が銀行側として面白くないからです。

 

ビジネス上の思惑としてライバル企業に手数料を使ってもらいたくないと銀行側は思っていますので、カードローンと預金口座開設をセットにしています。

 

預金口座開設なしにするメリット

預金口座開設を行わないでカードローンを契約するメリットは何でしょうか。
実は最近では法律が煩雑になり、銀行預金口座を開くときに時間や手間がかかるようになっています。

 

銀行預金口座はオレオレ詐欺などの犯罪にも使われやすく、テロリストの送金に使われるなど近年では身元確認が厳しくなっています。
預金口座なしでカードローンを利用できれば、余計な書類や手間などを省くことができて、融資までの時間も短縮する事が可能です。

 

預金口座なしで借りられるカード

ほとんどの銀行カードローンは預金口座開設が必須ですが、中には預金口座開設を必要としないカードもあります。
借入も返済もキャッシングカードがあれば事足りる訳です。
預金口座が必要ない銀行カードローンを紹介します。

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンのトップシェアを持つ人気のカードローンです。
金利は4.0%から14.5%、借りる事ができる融資額も多く、審査も早いと言われています。
三井住友銀行のATMを使えば、借入返済時の手数料がかからないという点も使い勝手がいいでしょう。

 

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

トップに次ぐシェアを持つのが三菱UFJ銀行カードローンバンクイックです。
金利は1.8%から14.5%で、トップと遜色ないサービスが期待できます。
ATM手数料が無料になるところも使い勝手がいいといえそうです。
三菱UFJ銀行のATMは幅広い営業網を持っていますので、借入・返済に困らない万能型カードローンと言えるでしょう。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンはネット銀行の中で最も高いシェアを持つカードローンです。
金利は1.9%〜14.5%の利用しやすい金利設定で楽天ポイントが貯まるサービスや、利息が期間限定で下がるキャンペーンを行なっているなど、リーズナブルな点ではメガバンクの先を走っています。
楽天銀行カードローンも返済を他行口座に登録することにより、預金口座無しで利用する事が可能です。
コンビニATMも使えますので、返済、借入には困らないでしょう。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンもネット銀行の人気のカードローンです。
金利は1.7%〜17.8%、最高限度額は800万円まで設定できます。
提携ATMが無料なので、コンビニなどで返しやすい銀行です。

 

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンも銀行預金口座無しで開設できるカードローンです。
金利は3.8%〜13.8%、コンビニATM手数料が無料な点も使いやすくなっています。
使い勝手は大手に負けないカードローンと言えそうです。

 

預金口座を開設しても別に困らない?

預金口座が増えるのを嫌がる人がいますが、特に預金口座は数多く持っていても困る事はありません。
預金口座が多いからといって手数料がかかる銀行は今のところありませんし、ローン審査等にも影響は与えないので、マイナス要因が無いのです。
預金口座を開設すれば便利になる事はあっても不便になる事はありません。

 

使い終わったら銀行カードローンの解約、預金口座も閉鎖しよう

カードローンで重要なのは、預金口座の開設よりもカードローンを借りたあとの処理です。
なんとなく今後も使うかもしれないので放置してしまう人がいますが、

 

  • カードローン契約がそのままだと信用情報機関に記録が残ったままになる
  • 信用情報機関の記録が残っていると住宅ローン審査など大きなローン審査に影響が出る場合がある
  • すぐ使える状態にしておくと、浪費でまた借りる等の無駄遣いの元になる

 

といったことが考えられます。
逆にカードローンを解約して、数年後また借りたくなった時は新たにカードローンに申し込めば、1度審査に通っているので審査に通る可能性は高くなります。
カードローンは完済したら一度解約を行いましょう。その他、お金借りる情報を詳しく解説されていますのでこちらを参考にしてみてください。

TOPへ