女性がお金を借りたい時の最適なローンは?女性のためのカードローン(女性専用カードローン)

女性がお金を借りたい時、『女性のためのカードローンに申し込むといい』という話しをよく聞きます。

 

この説明は実は多くの働く女性にとっては、決して『お得』と呼べるものではありません。

 

女性がお金を借りたい時の最適なローンで、なぜなぜ『女性専用カードローンが適さない』のかについて解説していきます。

 

各社、女性のためのカードローン(女性専用カードローン)が用意されている

「働く女性」が増えてきた昨今、銀行を初め金融機関は女性に対する貸し出しを新たなビジネス源として注目しています。

 

バブル時代の働く男性サラリーマンは、『家の購入』『車の購入』『付き合いのお金』『デートのお金』『ギャンブル』『キャバクラなど夜の費用』など様々な場面でお金を使い、それでも足りなければ抵抗感なくローンでお金を借りていましたが、今の若いサラリーマンは不景気時代を長く見ているので、基本的にお金を借りる事を嫌がり、更に男性の給与も全体で落ちています。

 

消費をしない男性よりも、『エステ』『語学学習』『海外旅行』『女子会などの付き合い』など、潜在消費力が高い女性に金融機関が目を付けるのは当たり前の流れだと言えます。

 

そのため、金融機関の多くに、働く女性の顧客を取り込もうと女性専用カードローンサービスが用意されているのです。
言うならば、女性利用者の争奪戦のように現在の金融業界はなっているわけです。

 

女性専用カードローンと普通のカードローンの違い

各社乱立している女性専用カードローンと普通のカードローンの違いはどの様なものになるのでしょうか。
さぞお得なサービスをしてくれるのかと期待したいですが、実は女性専用カードローンと普通のカードローンの違いは大きくありません。

 

各社によって沢山用意されている女性専用カードローンですが、基本的な特徴として、

  • 女性専用カードローンの金利は普通のカードローンと全く同じ
  • 審査難易度も普通のカードローンと同じ
  • 違うと点は女性専用オペレーターが対応する点と、カードデザインが多少変わる位

 

といった具合になっています。
『金利が安くなる』『審査が簡単になる』いった、利用者に有利になることは一切ありません。

 

女性専用カードローンの効果は低い

『レディースデー』など色々な女性向けのサービスが出現している現在の日本ですが、ローン業界においての女性専用ローンの効果は極めて低いといえるでしょう。
女性向けカードローンを利用した場合で有利になる点と言えば、

 

  • オペレーターが女性になるので、男性特有の威圧感が無くなる
  • 在籍確認の電話も女性になる事が多く多少あんしん

 

と言ったくらいです。
カードローン会社のオペレーターとなんて、普通に利用している間は電話なんてかかって来ませんし、特に女性じゃないとダメという人は少数派でしょう。

 

在籍確認の電話も、普通のカードローンの多くは女性が行いますので、女性専用カードローンをあえて選択する必要は一切ありません。

 

女性がお金を借りたいのであれば目的別ローン

女性がお金を借りる時はどの様な場面が多くなるでしょうか。

 

恐らく、大半の女性が、

 

  • キチンと働いている
  • 今までお金を借り入れた経験は無い
  • 引っ越し代が必要
  • 部屋のインテリアなどまとまったものを買いたい
  • 海外旅行に友達と行くので、ちょっとお金が必要
  • 歯の治療やエステ、美容整形などでお金が必要

 

と言った何か目的があって利用する時かと思います。

 

このような「キチンとした消費先があり、支出がはっきりしている。見積書など提出できる」場合では、カードローンよりも銀行の目的別ローンの方が圧倒的にお得であったりします。

 

女性専用カードローンより目的別ローンがいい理由

女性専用カードローンより、なぜ銀行の目的別ローンの方がいいのでしょうか。

 

銀行の目的別ローンが優れている、その理由は3つあります

 

目的別ローンが女性専用カードローンより優れている理由を見ていきましょう。

 

借入先が無ければ審査に通る可能性が高い

銀行の目的別ローンは審査が難しいと言われていますが、それも借入先が既にある場合だけです。

 

  • キチンとした正社員、または契約社員として働いている
  • 一定の収入がある
  • 既存借入は無い
  • 浪費をしているようにはみえない

 

という女性であれば、ローン審査に通る可能性は高いでしょう。
人生で初めて組むといっていいくらいのローンは、何も女性向けカードローンを選択する必要はないのです。

 

目的別ローンの方が金利は安い

目的別ローンの金利は、カードローンに比べてかなりリーズナブルな設定になっています。
例えば、みずほ銀行の多目的ローンは固定金利で6.7%、銀行によっては3%台の低金利で借りる事も可能です。
対してカードローンは15%〜18%が普通の水準になりますから、とても高金利と言えるでしょう。
金利が高いと同じ返済をしても、返済が滞ったり、元本が減らなかったりします。
金利18%で借りるのと、金利5%で借りるのであれば、将来的に発生する利息は全然違います。
借入が長期間に渡るのであれば、それだけ支払うコストも減っていくので借りる前に比較するといいでしょう。

 

女性の場合、融資まで急いでいない人が多い

目的別ローンは女性専用カードローンと違って審査結果がでるまで1週間程度時間がかかります。

 

女性がお金を借りたい時は、『とにかく今日中にお金が欲しい』というよりも、『半年後の海外旅行に向けて、旅行会社に振り込むお金が来月くらいに欲しい』など時間に余裕がある時の方が多いです。

 

『即日融資』『最短30分で審査完了』に魅力を感じる女性は少ないはずですので、スピードよりもコストにこだわった方がいいでしょう。

 

以上の理由から、女性の場合は女性向けカードローンよりも、金利の低い目的別ローンを探して検討する事の方がお得な借入を行えます。
初めての借入の時は、目的別ローンから探してみましょう。

TOPへ