レイクALSAとアイフルの違いを比較していきましょう

新生銀行グループからレイクALSAという新しい消費者金融が誕生しました。

 

元々銀行カードローンだったレイクが、銀行カードローンの自主規制と法律改正を考え、組織再編を行ってレイクALSAで再スタートしています。

 

新しく出来たレイクALSA、既存の大手消費者金融のアイフルとどのように違いがあるのでしょうか。

 

アイフルとレイクALSAの違いを比較して解説していきます。

 

金利はどっちが得?レイクALSAとアイフルを金利での徹底比較

一番気になるレイクALSAとアイフルの金利体系を比べてみましょう。

 

レイクALSAの金利体系は、

 

  • 限度額100万円未満 15.0%〜18.0%
  • 限度額100万円以上〜200万円以下 12.0%〜15.0%
  • 限度額200万円超〜300万円以下 9.0%〜15.0%
  • 限度額300万円超〜400万円以下 7.0%
  • 限度額400万円超〜500万円以下 4.5%

 

となっています。

 

銀行カードローン レイク時代から高いとされていたレイクALSAの金利ですが、消費者金融になっても金利体系は変わらないようです。

 

初回借入の場合、金利は金利幅の上限金利に決定するので、殆どの人は18.0%か15.0%(100万円以上の限度額を行う場合)が適用される事になります。

 

一方でアイフルのフリーキャッシングの金利は、3.0%〜18.0%の間で金利が決定されます。

 

こちらも初利用の人に対しては金利幅の上限が適用されるので、フリーキャッシングの金利は18.0%か15.0%(利息制限法の上限金利)が適用されるでしょう。

 

金利面ではどちらも差は無さそうですが、アイフルにはフリーキャッシングの他に、『ファーストプレミアムカードローン』と言うサービスが用意されています。

 

年収が高いVIP層向けのサービスですが、こちらは金利幅が3.0%〜9.5%と、上限が9.5%までですから、フリーキャッシングの15%〜18%に比べて、かなりリーズナブルな金利体系です(メガバンクの銀行カードローンより安くなる事も)。

 

年収にある程度自信があり、金利がガッツリ安いカードローンを探しているなら、レイクALSAよりアイフルの『ファーストプレミアムローン』を選択したほうがいいでしょう。

月々の返済額は?レイクALSAとアイフルの最低返済額を比較

月々の返済額でレイクALSAとアイフルを比較していきましょう。

 

レイクALSAもアイフルも最終借入後残高のステージで返済額が決まる方式をとっています。

 

最終借入後残高

レイクALSA
最低返済額(残高スライドリボリビング方式、金利18%の場合)

アイフル
最低返済額(約定日制)

10万円以下 4,000円 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円 8,000円
20万円超過、30万円以下 12,000円 11,000円
30万円超過、40万円以下 13,000円 11,000円
40万円超過、50万円以下 14,000円 13,000円
50万円超過、60万円以下 公表なし 16,000円
60万円超過、70万円以下 公表なし 18,000円
80万円超過、90万円以下 公表なし 21,000円
90万円超過、100万円以下 公表なし 23,000円
※以降300万円まで10万円ごとに1000円ずつ増加

 

それぞれの数字を見ていくと、レイクALSAの方が若干最低返済額は少なくて済みそうですが、それぞれ1千円単位の話しですので『最低返済額はレイクALSAもアイフルもあまり変わらない』と言えるでしょう。

 

レイクASLAもアイフルも返済が厳しい人に対し、『月の返済額を軽減する相談を受け付ける』と言われていますので、最低返済額の面では特に差は無さそうです。

サービスはどっちが優れている? レイクALSAとアイフルをサービス面で比較

消費者金融はサービス重視の競争を続けています。
新しく出来たレイクALSA、アイフルと比べてどちらがサービスが優れているか解説します。

 

レイクALSAにはあるが、アイフルにはないサービス

レイクALSAはサービス面で結構最新の仕組みを導入しており、ライバル企業と比べてそん色はないどころか、一部優れたサービスも導入しています。
アイフルにはないレイクALSAには以下のようなサービスがあります。

 

  • 初回利用者は5万円まで180日間無料サービス
  • コンビニATMが無料で利用できるサービス
  • 審査の結果が最短15秒で表示

 

初回利用者の30日間無利息サービスはレイクALSAにもアイフルにもありますが、レイクALSAでは5万円まで180日間無利息になる無利息期間を選べるサービスがあります。

 

少額借入を考えている人にピッタリなサービスと言えるでしょう。
コンビニATMが無料で使える点も、レイクALSAのいい点です。色々な所で利用できるコンビニATMが無料なのは利便性を高めます。

 

審査の結果が最短15秒で表示されるサービスも画期的です。
申込画面の入力が終わってから、そのままシステムで取込審査結果を画面で返しますので、融資可能なのか出来ないのかがわかります。

 

融資できないと出たら、別の消費者金融に申し込めますので(仮審査だけなので申し込みブラックにはなりません)結論が早いレイクALSAは審査を急いでいる人には重宝するでしょう。

 

アイフルにあるのにレイクALSAにはないサービス

逆にアイフルにあるのにレイクALSAにないサービスについてまとめてみます。

 

  • おまとめローンや不動産担保ローン、自営業者向けローン
  • プレミアムファーストカードローンなど、信用状態で金利が割安になるサービス

 

レイクALSAはおまとめローン、不動産担保ローン、自営業者向けローンなど特殊な需要のローンがありません。

 

また、アイフルには「ファーストプレミアムカードローン」といったVIP層向けのカードローンサービスがありますが、レイクALSAにはないようです。
商品の種類と言う面では、アイフルの方が優れていると言えそうです。

審査に通りたい!レイクALSAとアイフルの審査通過率

『サービスなんていいから、審査に通るカードローンがいい』と言う人も中にはいると思います。
レイクALSAとアイフル、どちらが審査に通りやすいか比較していきましょう。

 

レイクALSAの審査通過率は非公表です。

 

ただ、銀行カードローンレイクのサービスがそのまま、レイクALSAに移動していると思われますので、審査ハードルは高いと思われます。

 

新たに出来た消費者金融ですので、新規顧客獲得の為、審査にお手盛りを期待したいところですが、今のところ審査が甘いという話しは聞こえてきません。

 

一方でアイフルの審査通過率は、会社発表のデータを見ると、2017年度で42.0%〜47.3%となっています。

 

この数字はかなり優秀な数字ですし、アイフルは他の消費者金融から発表されているデータより若年層の割合が高いので、多くの人が審査に通っていると推測できます。

 

審査通過のハードル面では、はっきりとした数字は無いので推測になってしまいますが、レイクALSAよりアイフルの方が審査ハードルはやや低いと言えるでしょう。

TOPへ