レイクALSAとモビットの違いを比較していきましょう

2018年新たな消費者金融カードローンが誕生しました。
その名は『レイクALSA』、新生銀行グループのレイクが銀行カードローンサービスを新規受け付け停止にし、消費者金融に鞍替えして誕生です。

 

出来たばかりのレイクALSAですが、老舗のモビットとどの様な違いがあるのでしょうか。
レイクALSAとモビットの違いについて解説します。

 

支払利息はどちらが節約できそう?レイクALSAとモビットを金利で比較

レイクALSAとモビット、支払利息でどちらの方が節約できるのか、気になるところです。
どちらの方が良くなるのか比較していきましょう。

 

レイクALSAの金利は、限度額によって決定されていきます。

 

【レイクALSAの金利】

  • 限度額100万円未満 15.0%〜18.0%
  • 限度額100万円以上〜200万円以下 12.0%〜15.0%
  • 限度額200万円超〜300万円以下 9.0%〜15.0%
  • 限度額300万円超〜400万円以下 7.0%
  • 限度額400万円超〜500万円以下 4.5%

 

対してモビットの金利は、ホームページの情報が少なく、限度額で決定する様には書かれていません。

 

【モビットの金利】
3.0%〜18.0%

 

低い金利を期待したいところですが、消費者金融の借入は初利用者だと『利息制限法の上限金利』の適用が多くなります。

 

レイクALSAで借りた場合は15.0%か18.0%、モビットでも15.0%か18.0%になるでしょう。

 

『金利面ではレイクALSAとモビットに違いは無い』と言えそうです。

 

ただし、レイクALSAには『30日間の無利息期間サービス』、『5万円まで180日間の無利息期間サービス』が適用されます。
対してモビットには類似したサービスはありません。

 

無利息サービスを合わせると支払利息の節約では、『モビットよりレイクALSAの方が節約できる』と言えそうです。

レイクALSAとモビット、どちらの方が返済は楽か?最低返済額を比較

月々の返済額もカードローンを選ぶときには考慮に入れたい項目です。
レイクALSAとモビット、どちらの方が最低返済額は少なく、月々の返済が楽になるかを比較していきましょう。

 

レイクALSAもモビットも、借入後残高から最低返済額が決定される仕組みは変わりません。

 

最終借入後残高

レイクALSA
最低返済額(残高スライドリボリビング方式、金利18%の場合)

モビット 最低返済額
10万円以下 4,000円 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円 8,000円
20万円超過、30万円以下 12,000円 11,000円
30万円超過、40万円以下 13,000円 11,000円
40万円超過、50万円以下 14,000円 13,000円
50万円超過、60万円以下 公表なし 16,000円
60万円超過、70万円以下 公表なし 18,000円
70万円超過、80万円以下 公表なし 21,000円
80万円超過、90万円以下 公表なし 24,000円
90万円超過、100万円以下 公表なし 26,000円

 

図の比較を見ると、モビットの方が若干最低返済額は低くなるような設定になっています。
ただし、千円程度の話しですので大きくは変わらないと思ってもいいでしょう。

 

レイクALSAはホームページに「返済が厳しい時相談にのる」と書いていますので、最低返済額を交渉によって下げる事が出来そうです。
最低返済額はどちらもそこまで変わらないと思っていいでしょう。

どっちが優れている? レイクALSAとモビットをサービス面で比較

続いてレイクALSAとモビットのサービス面の違いについて解説します。

 

レイクALSAにもモビットにもあるサービス

どちらも消費者金融業界をリードする消費者金融なだけあり、主要なサービスは両社おさえているようです。
レイクALSAにもモビットにも、以下の様な便利なサービスがあります。

 

  • スマホアプリでセブン銀行ATMからキャッシングできる機能
  • 銀行ATMが手数料無料で使える(レイクALSAは新生銀行ATM、モビットは三井住友銀行ATMが無料)

 

スマホアプリでセブン銀行ATMをキャッシングカード代わりに利用できるサービスは、借入までの手続きをシンプル化して楽になります。
銀行ATMが無料で使えるサービスもコストダウンに繋がり、利便性は高くなるでしょう。

 

レイクALSAにあってモビットには無いサービス

レイクALSAにはあるのにモビットにはないサービスがあります。

 

  • 初回借入時、30日間、もしくは5万円まで180日間の無利息サービス
  • ネットで申し込み入力が終わったら、その場で仮審査の結果が画面に表示されるサービス

 

レイクALSAには30日間の無利息期間サービスがありますが、モビットにはありません。
借入期間が短期間になる人は、なるべく無利息期間を利用した方が得になるので、レイクALSAよりモビットを選択したほうがいいでしょう。
コンビニATMが無料で使える点も、レイクALSAはポイントが高くなります。

 

レイクALSAは新しく消費者金融としてスタートする時に、革新的な与信審査システムを作っているようです。
ネットで申込の内容入力が終わると、30秒程度で画面に『融資可能』か『否』かが表示されるようになっています。
この完了をもって契約に移ればカードを発行できますので、レイクALSAは審査結果が出る時間が非常に早くなるのです。
急いでいる人はレイクALSAに申し込みましょう。

 

モビットにあってレイクALSAには無いサービス

モビットにあるけど、レイクALSAに無いサービスは以下の様になります。

 

  • 職場への在籍確認、郵送物を省くWEB完結サービス
  • キャッシング型クレジットカード

 

職場への在籍確認を省いてほしいという人は多くいるでしょう。
モビットでは、申し込みの際に専用画面で申し込むことにより、在籍確認を省くことが出来ます。
利用するのに三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの預金口座を持ち、社会保険証か組合保険証が必要になりますが、サラリーマンの多くは条件を満たすと思うので利用しやすいでしょう。

 

クレジットカード機能付きのキャッシングカードが作れるところもモビットの優れている点です。
クレジットカードが欲しい人はモビットに申し込んでもいいでしょう。

審査通過率はどちらが多い?レイクALSAとモビットの審査通過率

最後に審査通過率について解説します。

 

レイクALSAもモビットも審査通過率の公表は行われていません。

 

レイクALSAは新しく出来た消費者金融ですので、顧客を集める為に甘い審査を期待したいところですが、元々銀行カードローンだったサービスを消費者金融に移動させているので審査は厳しいまま、変わっていないようです。

 

一方でモビットも、元々上流層向けのキャッシングサービスとしてスタートした経緯から、こちらも余り審査ハードルは低くありません。

 

三大手消費者金融の審査通過率は40%前半〜後半で推移していますが、レイクALSA,モビット共に審査通過率はこの数字より劣ると思われ、『どちらも審査通過率は同じくらい』と言えそうです。

 

審査に自信が無い(アルバイト等非正規雇用に従事しているなど)人はレイクALSAやモビットでは無く他の消費者金融に申し込むようにしてください。

TOPへ