利息なし!無利息でお金を借りる方法

お金を借りなければいけないけど、出来れば利息は1円も払いたくないですよね。そんな人は、無利息期間サービスの利用をおすすめします。

 

無利息期間サービスとは、カードローン(主に消費者金融)が提供する一定期間、利息がかからないサービスです。

 

無利子でお金を借りたい人必見の情報について解説します。

 

三大消費者金融には初めての利用者に対して30日間の無利息期間がついている

三大消費者金融(アコム、プロミス、アイフル)には、初めて利用する人に対して30日間の無利息期間サービスが付いています。

 

30日間はどんなに借りても利息が付かないため、短期間で返す予定の人にとって非常にありがたいシステムです。

 

また、プロミスではポイントを貯める事によって、ポイントに応じた無利息期間を再び受ける事が可能です。
無利息でお金を借りたい人は、三大消費者金融を選択するとよいでしょう。

 

2つのタイプの無利息期間適用が選べる、レイクALSA

レイクALSAは新生銀行が作った新しい消費者金融です。

 

銀行カードローン レイクのサービスを踏襲しており、三大消費者金融と同じ『30日間無利息』か、『借入金額の内5万円までを180日間無利息』にするサービスを提供しています。

 

借り入れる金額が5万円以内であるなら、レイクALSAの180日間無利息期間サービスを利用すれば半年近く利息を払わないで借りる事が可能です。

 

無利息期間をなめてはいけない?!無利息期間の効果

「無利息期間があっても30日位か。消費者金融は金利が高いからな〜」なんてのんきなことを思っていませんか?

 

無利息期間が導入されるという事は、実質的な支払利息を大きくカットする事ができるのです。

 

例として、

 

  • 金利14.5%の無利息期間が無い銀行カードローン
  • 金利18.0%の30日間の無利息期間がついている消費者金融キャッシング

 

の2つの借り入れ方で、何か月借りれば無利息期間がある消費者金融キャッシングの方がコストは高くなるか計算してみましょう(元本返済しないとして単純計算)。

 

100万円を借りた時の月ごとの発生利息

 

金利14.5%(無利息期間なし) 金利18.0%(無利息期間あり)
1か月 1.21万円 0万円(無利息期間)
2か月 2.42万円 1.5万円
3か月 3.63万円 3万円
4か月 4.84万円 4.5万円
5か月 6.05万円 6万円
6か月 7.26万円 9万円(6か月以降逆転)

 

逆転する日数は5か月〜6か月の間にありますので、計算結果から、借りてから5か月以内に返せる予定があるのであれば、『30日間の無利息期間』を選択したほうが得と言う事がわかります。

 

5か月あれば、会社員なら冬か夏のボーナスが入ってくるのではないでしょうか。

 

その時に完済すれば、金利の低いカードローンより無利息期間が付いているキャッシングの方が経済効果は高くなると言えるでしょう。