プロミスとレイクALSAの違いを徹底比較していきましょう

レイクALSAは新しく新生銀行から出来た消費者金融です。
銀行カードローンレイクは銀行の本人確認ルール改正によって今後、利便性の高い営業が制限されると見込まれていることから、銀行カードローンレイクの申し込みを『新規申し込みを停止』状態にし、代わりに消費者金融のレイクALSAを立ち上げました。

 

レイクALSAのサービスと大手消費者金融プロミスのサービスを比較すると、似たようなサービス内容もありますが、違う面もあるみたいです。
プロミスとレイクALSAとの違いを金利、最低返済額、サービス、審査通過率で比較しながら解説していきます。

 

あまり変わらないの?プロミスとレイクALSAを金利での比較

まず一番気になる項目となる金利面から比較していきましょう。

 

プロミスのフリーキャッシングの金利は4.5%〜17.8%の範囲内で決定されます。

 

金利に幅がある仕組みになっていますが、初めて利用する人の金利は『貸金業法の上限』が適用される事が多くなっていますので、プロミスの金利は、

 

  • 100万円未満の限度額設定だと17.8%
  • 100万円以上の限度額設定だと15%

 

になると思われます。

 

借入期間が長くなると、信用が積まれ金利を割り引いていくのがプロミスのスタイルです。

 

レイクALSAの金利は、4.5%〜18.0%の金利表記になっていますが、こちらも口コミ情報など見ると、初回借入の人は『貸金業法の上限』が適用される事が多くなるとされています。

 

レイクALSAのホームページで限度額200万円までの金利は、

  • 限度額1〜999,999円 15.0%〜18.0%
  • 限度額1,000,000〜2,000,000円 12.0%〜15.0%

となっていますが、初回借入の人は18%か15%しか適用されないと思った方がいいでしょう。

 

プロミスとレイクALSAを比較した時の金利は、初回借入社の場合、17.8%か18%(100万円を超えればどちらも15%)になりますので、『殆ど差が無い』と言った結論が導かれます。

毎月の負担はどちらが少ない?プロミスとレイクALSAの最低返済額を比較

金利の次に最低返済額を比較していきます。

 

プロミスの最低返済額

 

プロミスの最低返済額は、

 

  • 30万円以下 借入後残高×3.61%
  • 30万円超〜100万円以下 借入後残高×2.53%
  • 100万円超 借入後残高×1.99% ※全て1,000円未満切り上げ

 

といった3つのステージにわかれています。

 

『借入後残高』となっているので、最初に借りた時に発生する返済額で支払いがずっと続いていく事になり、借り直すとまた新たな『借入後残高』が設定される特徴があります。

 

新たに借入を行う事によって、最低返済額はある程度コントロールできるでしょう。

 

レイクの最低返済額

一方でレイクALSAの最低返済額の仕組みは、『残高スライドリボリビング方式』と『元利定額リボリビング方式』が選択できるようになっています。

 

ただ、実際の返済額は『残高スライドリボリビング方式』の方が小さく、殆どの人がこちらを選択する様です。

 

<レイクALSAの返済例 『残高スライドリボリビング方式』>

  • 借入後残高1〜100,000円 4,000円
  • 借入後残高100,001〜200,000円 8,000円
  • 借入後残高200,001〜300,000円 12,000円
  • 借入後残高300,001〜400,000円 13,000円
  • 借入後残高400,001〜500,000円 14,000円

 

プロミスとレイクの最低返済額を比較

50万円を借りたと考えた時、プロミスとレイクALSAを比べた時、
プロミスは50万円×2.53%=12,650円、千円未満切り上げで13,000円になるのに対し、レイクALSAは14,000円ですので、単純に『プロミスよりレイクALSAの方が最低返済額は多い』と言えるでしょう。

 

ただし、レイクALSAのQ&Aに「返済を待つ、返済額を下げる相談にのります。」と書かれていますので、レイクASLAは返済額を減らす対応を柔軟に行ってくれそうです。

 

返済額と言う面では、プロミス、レイクALSA共に、どちらも大きな差は無いと思われます。

新消費者金融のレイクALSAとプロミスどちらが優れているのか。プロミスとレイクALSAをサービス面で比較

プロミスとレイクALSA、どちらもサービスが豊富な消費者金融と言われています。
プロミスとレイクALSAのサービス面を比較していきましょう。

 

プロミス&レイクALSA両方にあるサービス

プロミス、レイクALSA両方にある主要なサービスについてまとめてみました。

 

  • 初回借入の人に対し30日間の無利息サービス
  • 銀行ATM(プロミスは三井住友銀行ATM、レイクALSAは新生銀行ATM)が無料
  • アプリを使ってセブン銀行ATMを操作できるアプリサービス

 

30日間無利息が受けられるのは非常に優れたサービスと言えるでしょう。

 

銀行ATMを無料で使えるサービスも、消費者金融のATMを探す必要も無くなり、とても便利なサービスです。

 

『会員アプリにあるコードでセブン銀行ATMが操作出来る』サービスも、カードを受け取る手間が省けてとても便利なサービスになっています。カードレスでお金を借りる事が出来て、振込み融資のように銀行口座の記録が残らないので、『家族に絶対内緒で借りている』と言う人はオススメしたいサービスになります。

 

プロミスもレイクALSAも『サービス面ではどちらも優れている』と言えるでしょう。

 

プロミスにあってレイクALSAにないサービス

プロミスにあって、レイクALSAに無い主要なサービスが一つだけあります。
それは『プロミスポイント』のようなポイント制度はレイクALSAに導入されていない点です。

 

『プロミスポイント』を貯めると、無利息期間のおかわりが出来る便利なサービスですが、類似するサービスはレイクALSAには導入されていません。

 

ポイントをコツコツためたい人はプロミスに申し込んだ方がいいでしょう。

 

その他にも、プロミスには『借り換えローン』や『目的ローン』など、フリーキャッシング以外のサービスが導入されていますが、レイクALSAには導入されていません。
借り換えローンに申し込みたい人は、プロミスに申し込むようにしてください。

 

レイクALSAにあって、プロミスにないサービス

レイクALSAにあって、プロミスにない主要サービスに『初回借入5万円まで、180日間無利息』があります。

 

このサービスは銀行カードローンレイク時代から好評で、レイクALSAにも引き継がれています。
少額の借入をする人にとって、5万円分利息がかからない(最長180日間)というのは実質支払利息を大きく下げる効果をもたらしてくれるのです。

 

少額融資を受けたい人はレイクALSAに申し込んだ方がいいでしょう。

 

他にもレイクALSAには、『コンビニATM(セブンイレブン、ローソン、ファミマ)が無料で使える』といったサービスがあります。
返済、借入のたびにコストがかからないレイクALSAは利便性とコスト面から使いやすい消費者金融と言えそうです。

審査に通りたい!プロミスとレイクALSAの審査通過率

審査通過率はプロミスとレイクALSAどちらがいいのか、気になる人は多いでしょう。

 

プロミスの審査通過率は月次データ資料が公表されており正確な数字を知る事が出来ます。

 

直近のデータでは

 

2017年4月〜2018年3月まで審査通過率は43%〜46%台で推移

 

していたので、この数字がプロミスの数字と言えるでしょう。
プロミスの審査通過率は、ここ数年40%前半から半ばで安定しています。

 

一方で、レイクALSAの審査通過率は公表されていません。

 

レイクALSAはまだできたばかりな消費者金融という事もありますが、基本的に親会社である新生銀行グループは公表しないスタンスをとっていたので、今後も公表は行われないと考えられます。

 

ただ、銀行カードローンレイクの時代から、『審査通過率はプロミスより低かった』とされていましたので、レイクALSAも同じ審査難易度を踏襲していると思われます。

 

『新たに出来た消費者金融の審査は甘くなる』と言う傾向が昔の消費者金融では見られましたが、レイクALSAは銀行カードローンの法改正でできたサービスですので、この傾向も期待できそうにありません。

 

『審査通過率はプロミスの方がレイクALSAより優れている』か『両社同じ位』と言えそうです。
審査に自信が無い人は、レイクALSAよりはプロミスに申し込んだ方が良さそうです。