プロミスとSMBCモビットの違いを比較していきましょう

SMBCモビットとプロミス、どちらも同じSMBCグループの消費者金融ですが、比べてみると結構違いが見えてきます。

 

元々プロミスは低〜中所得層向けに融資をして、SMBCモビットは高所得者層向けの融資に特化するために作られた歴史があるので、今もその性格を受け継いでサービス面に違いが出てきているのかもしれません。

 

プロミスとSMBCモビットの違いを金利、最低返済額、サービス、審査通過率の4つの項目で比較していきます。

 

支払利息には差はある?プロミスとSMBCモビットを金利での比較

プロミスのフリーキャッシングの金利は4.5%〜17.8%になります。

 

4.5%というと聞こえがいいですが、初めて利用する人は大抵の場合、『法律の上限金利に近い数字』になるので過度な期待は禁物です。
プロミスの金利を整理すると、

 

  • 初回借入の際、限度額が少ないなら17.8%、限度額が100万円を超えるようなら15%
  • 初回借入以降、延滞等のトラブルを起こさなければ徐々に金利を徐々に引いてくれる(かも?)

 

といった金利体系になります。

 

一方でSMBCモビットの金利は年率3.0%〜18.0%です。

 

SMBCモビットは高所得者層をターゲットに作られた歴史があるのですから、『人を見て金利の引き下げ』を期待したいところですが、実態は『初回借入時の金利はプロミスと変わらず法律の上限金利に近くなる』事が多くなっています。

 

最低金利は3.0%とSMBCモビットの方がリーズナブルにみえますが、3.0%はよっぽど年収が高く、限度額が大きく、かなり長い期間利用している人でないと適用されません

 

『プロミスとSMBCモビットの金利面では大きな差はない』と言えるでしょう。

自由度の高さは?プロミスとSMBCモビットの最低返済額を比較

プロミスとSMBCモビット、どちらも最低返済額以上に入金をすればOKのリボルビング方式ですがルールが少し違うようです。
続いて、プロミスとSMBCモビットの最低返済額を比較してみます。

 

プロミスの最低返済額の決定方法

プロミスの最低返済額は以下のような基準で決まっていきます。
ポイントは『借り入れた後の残高に一定パーセンテージを掛け合わせる』ところです。

 

  • 30万円以下 借入後残高×3.61%
  • 30万円超〜100万円以下 借入後残高×2.53%
  • 100万円超 借入後残高×1.99% ※全て1,000円未満切り上げ

 

50万円を借り入れた場合は、
50万円×2.53%=12,650円、1000円未満が繰り上げられて13,000円
から返済がスタートです(13,000円以上返済したら、繰り上げ返済扱いになります)。

 

来月の支払も13,000円、このまま追加借り入れを行わなければ完済まで13,000円の返済が続きます。

 

一方で返済が進んで35万円になった時、1万円だけ追加で借り入れするとどうなるかと言うと、
(35万円+1万円)×2.53%=9,108円 1000円未満が切り上げられて10,000円
に最低返済額が変わります。

 

『追加借り入れと借入残高のステージ調整』を行う事によって、ある程度最低返済額を動かす余地が生まれるのがプロミスの最低返済額です、

 

SMBCモビットの最低返済額

SMBCモビットの最低返済額はとてもシンプルです。

 

最終借入後残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、30万円以下 11,000円
30万円超過、40万円以下 11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円
60万円超過、70万円以下 18,000円
70万円超過、80万円以下 21,000円
80万円超過、90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円

 

※実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.00%)の場合。
※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。

 

最終借入後残高からステージが決まり、そこから追加で借りなければ最低返済額は変わりません。
初回50万円を借りた時は、SMBCモビットの場合13,000円を支払う事になります。

 

35万円の時に1万円を追加で借りると、最終借入後残高が更新されて11,000円と減らす事が可能です。
SMBCモビットでもプロミスと同様、追加借り入れとステージで最低返済額を調整できる点に差はありません。

 

プロミスとSMBCモビット、最低返済額の比較をする

プロミスとSMBCモビットの最低返済額を比較したところ、『100万円を超えるところから差が出てくる』という事がわかりました。

 

125万円を借りた場合、プロミスの最低返済額は25,000円(125万円×1.99%の1000円未満繰上げ)に対し、SMBCモビットは34,000円になります。

 

これは、プロミスは100万円を超える借入残高になると金利が2.53%→1.99%に下がるのに対して、SMBCモビットはそのままだからです。
100万円以上借りる人は注意しておくといいでしょう。

サービスが優れているのは?プロミスとSMBCモビットをサービス面で比較

プロミスとSMBCモビット、同じSMBCグループの消費者金融ですが、サービス面では少し違いがあるようです。

 

『プロミスにあってSMBCモビットにないサービス』と、『SMBCモビットにあってプロミスにないサービス』の2つを見ていきましょう。

 

プロミスにあってSMBCモビットにないサービス

プロミスにはあるのにSMBCモビットにはないサービスは以下の様になります。

 

  • 初回借入の人を対象にした30日間の無利息サービス
  • おまとめローンなどの貸金業法の例外を利用したローン
  • プロミスポイントのような、ポイントを貯めて無利息期間を延長するサービス

 

初回借入の人は30日間無利息期間がついてくるのは、短期で借り入れを行う人にとって魅力的なサービスです。
しかしながらプロミスでは30日間無利息サービスがついているものの、SMBCモビットでは付いていません。

 

更にSMBCモビットでは、『総量規制の例外を利用したおまとめ、借り換えローン』サービスも取り扱っていません。
総量規制の範囲内でしかおまとめ、借り換えが出来ないので、借金の整理には向かない消費者金融と言えるでしょう。

 

その他にもプロミスでは『プロミスポイント』を貯める事により、お得に使えるサービスを用意していますが、SMBCモビットにはありません。

 

SMBCモビットにあって、プロミスにないサービス

逆にSMBCモビットにあって、プロミスに無いサービスについて見ていきましょう。
実はSMBCモビットにはプロミスにはない特殊なサービスが一つだけあります。

 

SMBCモビットの郵送物&在籍確認を含め電話連絡一切なしのWEB完結サービス

 

職場に在籍確認の電話をしてほしくない人は結構いると思います。
SMBCモビットのWEB完結は、『本当のWEBで完結するサービス』になっています。

 

借入から返済まで、『郵送物、携帯への電話連絡、在籍確認を含めた職場への電話連絡』は一切ありません。

 

利用するには三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて、サラリーマンの持つ社会保険証や組合保険証が必要(アルバイトは利用できない)ですが、在籍確認が省けるサービスは非常に貴重と言えるでしょう。

 

プロミスにも『WEB完結』というサービスはありますが、こちらはよっぽどの事情が無い限り普通に電話をして来るサービスになっています。

 

総合的にはプロミス、連絡が欲しくない人はSMBCモビット

サービス面をトータル的に見比べた時、『プロミスの方が優れたサービスが多い』という結論に至ります。
30日間の無利息期間やポイントサービス制度はプロミスの圧倒的に優れている点です。

 

しかしながら、SMBCモビットには『完全WEB完結』といった尖ったサービスが用意されています。
「どうしても職場や自宅に電話してほしくない!」と言う人はSMBCモビットの満足度は高くなること間違いなしです。

審査通過率はどちらが通りやすいか。プロミスとSMBCモビットの審査通過率

最後にプロミスとSMBCモビット、どちらが審査に通りやすいか比較してみましょう。

 

プロミスの審査通過率は公表されており、

 

・2017年4月〜2018年の43%〜46%台で推移

 

となっています。

 

SMBCモビットの審査通過率は残念な事に公表されていません。
しかしながら、SMBCモビットはプロミスと同じSMBCコンシェーマーファイナンスが運営母体であるものの、

 

  • SMBCモビットは高所得者層をターゲットに設立された歴史
  • 社会保険証が必要な『WEB完結サービス』など、正社員向けに軸足を向けている

 

事から、『プロミスよりまず間違いなく審査通過率は低い』と考えられます。

 

収入が多い、仕事が安定している正社員と言った人なら問題なくSMBCモビットの審査は通るかもしれませんが、アルバイトや派遣社員、自営業者などちょっと審査が不利と思われる人はプロミスに申し込んだ方がいいでしょう。