お金を借りるのが初めてで不安な人のよくある質問

お金を初めて借りる時って不安ですよね。怖いイメージを持たれている方も多いと思います。
今は5人に1人の割合でカードローンを利用してお金をうまく回していると言われています。

 

 

といっても、皆さん環境は人それぞれ違うのでカードローンの知識もバラバラだと思いますので、その中でよくある疑問や質問を集めました。
お金を借りる際の参考にしていただけたらと思います。

 

派遣社員や契約社員はお金を借りることができる?

派遣社員・契約社員でお金に悩んでいる方は正社員より多いとされています。

 

年末年始や夏休みなど出費が増える時期は特に派遣社員・契約社員の方のお金を借りたいニーズが増えるようです。

 

派遣社員や契約者でお金を借りる事が出来るか、その方法について解説します。

 

派遣社員・契約社員でもお金を借りる事は可能

銀行カードローン、消費者金融共に借入を行う条件は「安定的な収入」がある人です。

 

派遣社員・契約社員両者とも安定的な収入があるとみなされるので、申込をしたら普通に審査を行ってくれます。

 

収入状況、信用情報機関に情報に問題が無ければ、審査通過して融資を受ける事が出来るでしょう。

 

派遣社員・契約社員は消費者金融に申し込んだ方がいい

銀行カードローンも派遣社員・契約社員の人に融資をしてくれますが、審査が厳しく通りにくいです。

 

審査が比較的緩めなのは消費者金融になります。
審査に自信が無い人は、消費者金融に申し込むといいでしょう。

 

派遣社員・契約社員でも勤続年数が大切

派遣社員・契約社員ですと、職場がたまに変わるという事は多いかと思います。
お金を借りる審査では、勤続年数がもたらす審査への影響が結構大きいのです。

 

勤続年数が長くなるように、働かない空白期間を作らないように常日頃から心がけましょう。

 

無職でもお金を借りることができる?

 

今働いていない無職の方でも、お金を借りたいと思う事はあるはずです。
特に生活費が足りなくなって、困っている人は何としても当面の生活費を確保したいところでしょう。
無職でもお金を借りる事が出来るかについて説明します。

 

無職の借入は限られる

基本的に銀行、消費者金融共に無職で収入が無い人の貸し出しはしません。
これは貸し倒れを防ぐという面もあるのですが、何より法律や行政審査が許さないためです。
無職の人に無担保でお金を貸してくれるのは生活が困窮した人を支援する社会福祉協議会か、アンダーグラウンドな貸出先となるヤミ金ぐらいに限られてしまいます。

 

無職の人はクレジットカードを見直してみよう

クレジットカードにはキャッシング機能がついていることがあります。
もしあなたが無職になった事実をカード会社に知らせていないなら、キャッシング機能はまだ使えるかもしれません。
キャッシング機能が残っているなら、コンビニATMに挿し込むことにより直ぐ使う事が可能です。

 

質屋を使ってみる

もしちょっと売れそうなものがあるなら、質屋で質草にしてお金を借りるという方法もあります。
物にこだわりが無いなら断捨離をかねて、リサイクルショップで要らない物、使わない物を売却してしまってもいいのではないでしょうか。
下手に借りて金利が支払えなくなるより、無職の人には安全です。

 

年金受給者でもお金を借りることができる?

 

年金暮らしでちょっとお金を借りたいという事はよくあると思います。
特に年金が足りなくて、生活に困窮する状態では借りたいニーズは増えるでしょう。
年金受給者でもお金を借りる方法について解説します。

 

持ち家の人はリバースモーゲージ・リースバッグを利用する

最近の高齢化社会に目をつけて、リバースモーゲージやリースバックと言う方法が出てきます。
どちらも簡単に言うと、今の家に住み続けながら持ち家を担保にお金を借りる(もしくは売却して賃貸として再契約する)と言った方法です。
まとまった金額を手にする事ができて、自分の死後は相手方に担保が移り、返済する事が出来るので長期的な資金調達が可能です。

 

年金を担保にお金を借りる

独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫は、年金を担保にしてお金を借りる事が可能です。
ちょっとした旅行のお金を借りたいなどした時に役立ちます。
金利も低いので、こちらも年金受給者にはおすすめの借入方法になります。

 

質屋を利用する

金価格上昇で、昔の貴金属の値段が上がっているという話しがあります。
使っていない貴金属を質屋に持って行くと、質草にして融資してくれるかもしれません。
ただし質屋の金利は高いので、返すアテがある時だけ利用してください。
返せない様なら、買い取りを依頼したほうが査定価格は高くなります。

 

学生でもお金を借りることができる?

 

学生は遊びから勉強、人生で最も充実した経験を積む社会人になる前の最後の貴重な時間です。
社会に出てから悔いを残さないように色々な事にチャレンジしたいでしょうが、先立つものはお金でしょう。
学生はお金を借りにくいと言われますが、学生でもお金を借りる方法について説明します。

 

20歳以上でアルバイトをしていたら金融機関から借入可能

あなたが20歳以上で、アルバイトなどの給与収入があったら金融機関から借入を行う事が出来ます。
銀行カードローンは審査に通りにくいので、消費者金融を狙ってみましょう。
中小消費者金融は特に審査に通りやすく、おすすめです。

 

大学生協に頼ってみよう

大学に売店みたいなものがありませんか。
それは大学生協が運営する売店です。
実は大学生協では学生に対して、留学費用やパソコン代、自動車学校費用等の貸付業務を行ってくれているのです。
保護者が保証人になる必要はありますが、金利は消費者金融より安いので利用してみてください。

 

バイトしまくるというのも選択肢に

遊びのお金、手っ取り早く借りたいと思う気持ちはわかります。
しかしながら、学生の身分でお金を借りる事になれてしまうと、今後社会人になってもお金を借りたくなって人生が狂う可能性があるでしょう。
お金が欲しいなら、短期バイト・夜間バイトのシフトを入れまくる事も一つの手です。

 

ブラックでもお金を借りることができる?

 

ブラックの人こそ、お金を借りたいと思うでしょう
ブラックでもお金を借りる事が出来るのか?について解説します。

 

ブラックにお金を貸してはいけない法律はありません。

ブラックの人は金融機関審査で落とされます。
しかしながら、ブラックの人にお金を貸してはいけないという法律は存在しません。
ブラックの人が審査に落とされる理由は、『滞納癖がある』と思われ管理に手間がかかるために、大手では一律落とされている事になっているだけです。

 

ブラックの人がお金を借りたいなら中小消費者金融

中小消費者金融の中には、たとえ昔金融事故を起こしていようと、今現在滞納が無いなら目をつぶって貸してくれる所があります。
中小消費者金融は顧客を選ぶほど、多くの顧客が申し込みをするわけでは無いからです。
ブラックで融資を受けられないなら、中小消費者金融を狙いましょう。

 

当然滞納は全て無くし安定収入を得る

中小消費者金融はブラックでも審査に通る事はありますが、それでも収入が無かったり、現在滞納中であったりすれば通りません。
予め改善をしてから申し込みをしてください。
ブラックだから仕方がないと諦めず、最低限のレベルには達してから申し込みを行いましょう。

 

自営業者はカードローンの審査が厳しい?他にお金借りる方法は?

 

自営業者のカードローン審査が厳しいという話しを良く聞きます。
残念ながらこれは本当です。
自営業者のカードローン審査が厳しい理由と、他の借入方法について説明します。

 

自営業者は収入が不安定と思われているので審査が厳しい

多くの自営業者は収入が安定しません。
忙しい時期、暇な時期で収入が半分になったりするため、審査での査定ポイントが著しく低くなりがちです。
お金を借りに来る時点で、商売が上手くいっていない前兆とみなされる事もあります。

 

自営業者は消費者金融のビジネスカードローンに頼った方がいい

銀行カードローン及び、銀行の自営業者向けローンは審査が厳しくなります。
国際基準で銀行の貸出業務にも一定のルールが設けられるようになっている為、なおのこと自営業者への審査は厳しくなっていると言えるでしょう。
自営業者は消費者金融のビジネスカードローンの方がおすすめです。
こちらの方が審査には通りやすくなります。

 

中小機構に頼ってみる

小規模企業共済に加入している人は、中小機構を頼る事も一つの方法です。
中小機構は今まで拠出した掛け金を、低利で貸し出してくれます。
支払利息も大きくなりませんので、最初に借りるのは中小機構にしておくといいでしょう。

 

産休中・育児休暇中はお金を借りれる?

 

出産を控えたママさんが一番不安に思うのは、出産費用です。
産休中・育児休暇中はお金を借りられるのでしょうか。
産休中・育児休暇中のお金について解説します。

 

出産で必要な費用は?

出産で必要な費用は、出産一時金が出ます。ただし、帝王切開など入院する必要が出た時に自己負担が出ますので、自己資金を30万円程度用意しておきましょう。
病院によっては分割払いを認めてくれるところもあります。
お金が払えないと言ったら追い出されるという事もありませんので、遠慮せず相談するようにしてください。

 

産休中・育児休暇中、お金は借りにくい

産休中・育児休暇中の基本は会社からは無休、健康保険から手当てが出るだけです。
この手当は収入とはみなされない事が多く、銀行や消費者金融共に新規に申し込んでも、お金を貸してくれません。
クレジットカードのキャッシング枠は生きているかもしれないので、見直してみてください。
配偶者がいる人は、配偶者にお金を工面してもらうように依頼しましょう。

 

本当にお金に困っている時は自治体に相談する

中には健康保険もなく、収入もないまま妊娠して途方に暮れている人も居るのではないでしょうか。
その様な人を救済する制度が自治体にありますので、区役所等に相談に訪れてみてください。
「助産制度」などを利用すれば、負担無く出産する事が出来ます。

 

お金を落とした!そんな時お金をどこで借りる?

 

お金を落とす、特にお財布を落とした時は本当にピンチになると思います。
お財布の中には免許証、健康保険証、キャッシュカード全ていれている人も多いのではないでしょうか。
お財布を無くしピンチの時、何処でお金を借りるかについて説明します。

 

本人確認書類が無いとお金は借りられない

お金を借りる時、必ず必要になるのが本人確認書類です。
本人確認書類もお金を落とした時、財布の中に入れていたならお金を借りる事は出来ません。
お金を借りる事は諦めて、別の方法で修復を図るようにしましょう。

 

お金が無いと免許証の発行が出来ない

普段、殆どの人が本人確認書類を免許証で行っていると思います。
免許証の再発行はお金が必要です。
健康保険証は会社員の場合、勤務先に再発行(国民健康保険の人は自治体)をお願いしますが、2週間程度時間がかかります。
つまり、お金が無いと本人確認書類が手元に用意出来ないため、お金を借りる事も出来ず、不便な生活をつづけなければいけません。

 

通帳と銀行印でお金をおろす

お財布を落としても通帳と銀行印は無事ではないでしょうか。
殆どの銀行では、銀行窓口に通帳と銀行印を持って行けば、お金を降ろす事が可能です。
キャッシュカードは無くなっていても、お金さえ手にできれば何とかできますので、相談するといいでしょう。

 

主婦でもお金を借りれますか?

 

主婦の人も色々な付き合い、生活費の不足でお金を借りたくなる事はあると思います。
主婦の人でお金を借りる方法について解説します。

 

パート主婦はお金を借りられるが、専業主婦は厳しい

パートで働いている主婦になると収入がありますので、お金を借りる事が可能です。
但し専業主婦については収入がありませんので、大手消費者金融などは総量規制の関係で融資してくれません。
銀行は総量規制の対象外ですが、近年、業界団体で統一的なルールを作る動きから、年収が無い人への貸し出しを断る傾向がみられます。
専業主婦の借入は厳しいと思っておいた方がいいでしょう。

 

中小消費者金融なら借りられる事も

中小消費者金融の中では、配偶者と合算して年収を管理する総量規制の例外を使った融資を行ってくれるところがあります。
専業主婦の人は、中小消費者金融で専業主婦OKの所を探すといいでしょう。
中小消費者金融と言っても、貸金業登録をしている所は法律を守りますので、大手消費者金融と大きな違いはありません。

 

旦那さんにお願いする

大きなお金を借りたい時は、旦那さんに事情を話してローンを組んでもらうようにしてください。
生活費が足りないなど、理由は色々作れるかと思います。
収入がある人が借りた方が、支払う利息は節約でき、早めに返済が終わります。