リボ払いは借り換えた方がいいのか?クレカのリボ払いが終わらないわけ

リボ払いは借り換えた方がいいのか?徹底検証

 

クレジットカードの「リボ払いはするな」という評判を一度は目にしたことがあるかと思います。
評判の悪いリボ払い、借り換えることができるなら借り換えた方がいいのでしょうか。
リボ払いを借り換えた方がいいのかについて、徹底検証します。

 

まずはリボ払いの金利を確認

リボ払いは多くの金融機関で新しい返済方式として採用されています。
クレジットカードのショッピング&キャッシングもリボ払い返済にすることができますし、銀行カードローンや消費者金融カードローンの返済方式は『残高スライド方式』が多いですが、正式名称は『残高スライドリボ払い方式』で、リボ払いを改造した返済方式になります。

 

それぞれの一般的な金利は、

 

  • クレジットカードのキャッシングなら18%
  • 消費者金融カードローンなら15%〜18%
  • クレジットカードのショッピングリボ払いなら14.5%
  • 銀行カードローンなら10〜14.5%

 

くらいになっています。
まずはリボ払いを行なっている金利を全て確認してみましょう。

 

金利を確認したら借り換え効果を計算

それぞれ借りているリボ払いの金利が確認できたら、次は借り換え効果を計算するといいでしょう。
借り換えの原則として、『借り換えにより金利を安くしなければ、コストが大きくなって損する』ということがあります。

 

例えば消費者金融から金利15%で借りて、銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いを返済しても、コストが増えるばかりで何の意味もありません。
借り換えを行う前に、必ず自身の支払っている金利を把握してから、借り換え先を探しましょう。

 

特にクレジットカードのショッピングリボ払いを借り替える時は、ショッピングリボ払いの金利は14.5%と既に低い状態にあるので、コストの低いローンを探さなければいけません。
消費者金融のおまとめローンより、銀行のローンで借り換えた方が良さそうです。

 

リボ払いの恐ろしい点

リボ払いは何故評判が悪いのでしょうか。
リボ払いが恐ろしいと言われるのが『いつ返済が終わるかわからなく、借金総額を膨らましやすい』点です。

 

従来のローンとリボ払いの違いは、

 

  • 従来のローンや分割払いは2年返済(24回払い)など期間を決めて毎月の返済額が決まっていた
  • 従来のローンは返済までの日数がわかりやすく、追加でローンを組むと月々の支払に上乗せされ支払えなくなるため、借金総額を膨らましにくかった
  • リボ払いは毎月返済できる金額を決めて、返済していく方式
  • 追加で借り入れをしても、毎月返済できる金額が増えずに返済期間が伸びるだけなので借金総額が膨らみやすい

 

といった点になります。

 

リボ払いの場合は完済がいつになるかわからないので、毎月のリボ払いが返済できているだけで安心してしまい、追加で借り入れをしてしまいがちです。
ローン会社も収益を多く上げる為に、なるべく消費者に多く長く金利を支払ってもらう方式をとっているので注意しなければいけません。

 

リボ払いの毎月の返済額の決まり方

リボ払いの毎月の返済額の決まり方を完全に理解している人は少ないのではないでしょうか。
リボ払いを選択した時の最低返済額はカードローン会社、クレジットカード会社でルールに違いが出てきます。
大手消費者金融3社で30万円を借りた場合で見てみると、以下のようになります。

 

アコムの場合

30万円以下は借入残高の4.2%
30万円×4.2%=1.26万円 千円未満切り上げで1.3万円

 

プロミス の場合

30万円以下は借入後残高 の3.61%
30万円×3.61%=1.083万円 千円未満切り上げで1.1万円

 

アイフルの場合

200,001円 〜300,000円 サイクル制なら1.3万円、約定日制なら1.1万円

 

となり、大手3社でも11,000円〜13,000円の差が出てきます。

 

借入先が多いなら借り換えを考えよう

消費者金融3社から仮に30万円ずつ借りている状態だと月々の返済額は3.5〜3.7万円になります。
90万円3社から借りている人が、1本にまとめた場合を検証してみましょう。

 

金利が変わらず18%だとしても、

  • 3年返済計画で月々の返済額は3.25万円
  • 5年返済計画で月々の返済額は2.28万円
  • 10年返済計画で月々の返済額は1.62万円

 

まで月々の支払額を減らすことができます。
10年返済にすれば、半分以下になるわけです。

 

『借入先が多く、毎月の返済が厳しい』と感じている人は借り換えによって一本化を考えるといいでしょう。

 

金利を下げれば更に効率的

借り換えは借入の金利を下げることができれば、なお効率的です。

 

90万円を18%で借りている場合、借り換えによって金利を下げる事が出来れば支払利息は以下の様に減っていきます(3年返済で返す場合)。

 

  • 金利18%の時、総支払利息は27.1万円
  • 金利15%で借り換えたら総支払利息は22.3万円
  • 金利12%で借り換えたら総支払利息は17.6万円
  • 金利10%で借り換えたら総支払利息は14.5万円

 

借金が複数社にまたがっていて、それぞれの金利が高いなら、借り換えは大きなコスト削減効果をもたらします。
金利が節約されたぶん、毎月の返済額に回す事も出来ますので、完済に向けてより効率的な返済を行う事が可能です。

 

TOPへ