お金借りたい専業主婦がカードローン審査に通らない理由と通るための対策

専業主婦の人はカードローンをはじめ、多くのローン審査に通らないとされています。

 

カードローン審査に通らないのには原因があり、その対策をとる事によって審査に通る確率を上げる事が出来るのです。

 

お金借りたい専業主婦の方がカードローン審査に通らない理由と通るための対策について説明していきます。

 

原因の探求!なぜ専業主婦はカードローンに通らないのか

専業主婦がカードローン審査に通らない原因となっているのが、貸金業法の中にある「総量規制」です。

 

総量規制では、次のようなことが定められています。

 

  • 消費者金融、クレジットカード会社等の銀行でない業態からの借入は年収の3分の1以上の貸し出しを禁ずる(一部例外あり)
  • 銀行は対象外
  • 50万円以上の貸付、もしくは他社と合わせて100万円以上の貸付を行う場合は収入証明書類が必要

 

総量規制では年収の3分の1以上の貸し出しが禁じられています。そこで専業主婦の年収はどの位にカウントされるのかというと、収入がゼロであるなら当然年収もゼロとしてカウントされる事になります。

 

専業主婦がカードローン審査に通らない理由は総量規制が邪魔をして、ローン会社が融資を行う事が出来ないからです。

 

銀行カードローンを選択するのは古い!

『総量規制が影響しているのであれば、総量規制の影響を受けない銀行カードローンに申し込もう』と考える人も多く、実際にその方法が『専業主婦の方がカードローン審査に通る方法』と説明をしている情報サイトもあります。

 

実は、銀行カードローンなら専業主婦でも審査に通るというのは古い情報です。

 

銀行カードローンは、

  • 2017年度に銀行の監督庁が、銀行各社にカードローン審査の厳格化の是正を求めた
  • その影響をうけ、銀行カードローンでも銀行内の自主ルールで年収制限を作る所が増加
  • 専業主婦がお金を借りる時も、年収証明や年収に対する最大貸付金額といったルールを作るようになった
  • ルールの厳格から、専業主婦の人は銀行カードローンの審査通過も難しくなった

 

という変化が起こったためです。
『専業主婦は銀行カードローンに申し込む』といった常識は既に古く、形骸化しつつあります。

 

専業主婦で借りたい時、クレジットカードにキャッシング枠が設定されていないか試してみよう

ここからは専業主婦の方が借入を行いたい時、どの様な方法をとるべきかを説明していきます。
もしあなたが自分のクレジットカードを持っているのであれば、キャッシング枠が設定されていないか確認を行うといいでしょう。

 

「50万円以下の貸付に対しては収入証明が必要ない」と総量規制のルールにありますので、仕事をしている内に作ったクレジットカードにはキャッシング枠が残っている可能性があります。

 

キャッシング枠は利用明細書や会員ページから確認することができますので、数字を確認してみるといいでしょう。

 

キャッシング枠が設定されているのであれば、コンビニATMや、会員ページから振込み依頼をかける事によりお金を借りる事が可能です。

 

消費者金融の「配偶者貸付制度」を行ってくれる会社を探そう

『総量規制の関係で、年収の3分の1以上の貸付は出来ない』と上述しましたが、総量規制には一部例外があります。
具体的には、

 

  • 医療費の貸し付けなど緊急性が認められる場合
  • 事業主への貸付
  • 配偶者がいる者への貸付は夫婦合算で年収の3分の1まで(配偶者貸付制度)

 

といった例外項目がある点です。

 

配偶者貸付制度を使ってくれる消費者金融であれば、専業主婦であっても旦那さんに多くの年収があれば、その3分の1までお金を借りる事が出来ます。
大きな金額を借りなければいけない場合は、配偶者貸付制度を利用するのが最も有効かつ唯一の方法です。

 

専業主婦の方は、配偶者貸付制度を使ってくれる消費者金融を探してみるといいでしょう。

 

「配偶者貸付制度」は中小消費者金融で取り扱っている

便利な配偶者貸付制度ですが、大手消費者金融ではその手間やトラブルを嫌がって取り扱っていません。

 

配偶者貸付制度で融資を行ってくれるのは、中小消費者金融になります(大手通販会社系列のベルーナノーティス等)

 

中小消費者金融は審査に通りやすいので、専業主婦方の借入にも向いているといえるでしょう。
金利も正規の業者になりますので、大手消費者金融を利用するのと変わりは全くありません。

 

お金に困っていても闇金にはいかない

どうしてもお金を借りたい時、怪しいチラシや広告にも頼ろうとしてしまいがちです。

 

総量規制は正規の貸金業者に対する規制の法律ですので、法の外で生きている闇金は年収などお構いなしに融資をします。
ただし、闇金からお金を借りてしまうと、

 

  • ひと月で元本が倍になるなど金利が高い
  • 家に来る、旦那にばらすなどの嫌がらせをして来る
  • 返済しても別の金利を持ち出して請求するなど、返済に終わりが無い

 

など多くのトラブルが発生します。
どんなに困っても、闇金への申し込みは絶対に行わないようにしてください。
後々のトラブルになり、解決するのが難しくなります。

TOPへ