他社借入があり、さらに借りたい人、「おまとめ」したい人

『消費者金融からのキャッシング、銀行カードローンからの借入、クレジットカードのショッピングリボ払い、借入先が一杯あって大変!一つにまとめたい!』こんな時は借金を1本化する「おまとめ」でローンを組むことが有効です。

 

借金の借入先を一つにまとめる事により、返済を月に1回にして管理しやすくする事が「おまとめ」ローンのメリットになります。

 

しかしながら、他社から借入がある状態だと「おまとめ」ローン審査が難航し、苦労する人が多く出ます。

 

他社から借入がある人が、「おまとめ」をする時のコツについて解説します。

 

「おまとめ」目的で銀行に行っても断られる可能性が高い

借入先件数が5件で100万円を借りている人と、借入先件数が1件で100万円を借りている人がいたとします。年収が同じとして、金融機関から見てどちらが貸し倒れ率が高いと思われがちかわかりますか?

 

正解は、前者の借入先が5件で100万円を借りている人です。

 

借入先が増えると、返済日と返済箇所も増え、更に最低返済額も増える傾向になります。同じ借入金額でも審査において借入先件数の多さは大きなマイナスポイントになるのです。

 

銀行のカードローンや目的ローンで、「おまとめ」による一本化をしようとしても、借入先件数が多いと中々審査に通りません。

 

審査基準は銀行それぞれですが、多くの銀行で3社以上借入先件数があると、「おまとめ」目的であっても審査落ちさせる可能性が高いのです。

 

消費者金融が提供する「おまとめ」目的のローンは審査に通りやすい

消費者金融には「総量規制の例外を利用したおまとめローン」と言うのが存在します。

 

このローンは、消費者金融は貸金業法の総量規制で年収の3分の1を超える融資は出来ませんが、借入者が金利面条件面で有利になるのであれば例外とされるので、この例外を使ったローンになります。

 

消費者金融の「おまとめ」ローンは金利面では銀行のローンに劣りますが、審査は銀行のローンに比べ圧倒的に通りやすいです。
複数社から借入があり、銀行のローンに断られたら、消費者金融の「おまとめ」目的ローンに申し込みましょう。

 

借入先が1社になると、「おまとめ」目的の銀行カードローン審査に通りやすくなる

消費者金融の「おまとめ」目的ローンは審査に通りやすいですが、金利の節約面ではイマイチです。

 

しかしながら、消費者金融の「おまとめ」目的ローンで借入先を整理していると、銀行への借り換えは各段に行いやすくなります。
消費者金融の「おまとめ」ローンで一本化→金利がリーズナブルな銀行への借り換えといったステップアップが可能になる訳です。
直ぐに借り換えては、銀行の審査で借り換えを繰り返していると思われますので、半年程度返済してから金利の安い消費者金融に借り換えを考えてみてください。

TOPへ