低金利でお金を借りて利息をできるだけおさえたい

『お金を借りる時は1%でも低い金利で借りたい』と言うのは、全てのお金を借りようと思っている人の願いです。

 

特に借入期間が長期間になればなるほど、低金利と高金利の利息負担の差は広がっていきます。

 

低金利でお金を借りたい人の為に、低金利でお金を借りるポイントについて解説します。

 

公的な貸付制度でお金を借りる

一番低い金利でお金を借りる事が出来るのは、やはり公的な貸付制度です。
公的な貸付制度で代表的なものは、

 

  • 社会福祉協議会の福祉資金貸付制度(保証人が付くと無利息〜3.0%)
  • 国の教育ローン(約1.81%)
  • 年金担保融資制度(約1.2〜1.9%)

 

になります。

 

金利は高くとも3.0%ですので、銀行カードローンや消費者金融キャッシングなどと比べると格段に低いのが公的な貸付制度の特徴です。

 

お金を借りると時に一番多い理由は、生活費になりますので、公的な貸付制度を利用して、生活を立て直しましょう。

 

銀行や信用金庫の目的ローンを頼る

銀行や信用金庫はカードローンサービス以外提供していないわけではなく、支出目的が明確な人に融資する目的ローンを用意してくれています。

 

目的ローンで一番よく使われるのが住宅購入を目的とした住宅ローンですが、教育資金の借入を目的とした教育ローン、リフォームを目的としたリフォームローンなど様々な種類があります。

 

持ち家の人は土地や建物を担保にした不動産担保ローンやリバースモーケージなる借り方もおすすめです。

 

目的ローンの金利は銀行によって様々ですが、10%以下になる事が多く、カードローンに比べれば低い金利で借りる事が出来ます(例 みずほ銀行の多目的ローンは変動金利5.875%、最長7年まで)。

 

担保にできる資産がある人は、担保を利用できるローンを積極的に探してみるのも低金利のローンを探すポイントです。