お金を借りる即日で!今すぐ借りれるカードローン

お金を借りる時は、初めて借りる人も何度か借りたことがある人も不安に感じるものです。

 

身近なお金を借りるサービスは銀行のカードローン、消費者金融といった業態が提供してくれていますが、業態が違ってもお金を借りる流れはすべて「申し込み → 審査 → 融資実行」となります。

 

申込みから融資実行までどの様な流れになるのか、注意してもらいたい点について解説します。

 

 

お金を借りる時にはあなたの要望にあった金融機関に申し込む

お金を借りるときは、金融機関に申し込みを行う事からスタートします。

 

申込時に申告する内容は、住所氏名、生年月日の本人確認内容と、勤続年数、年収、借入先件数等のあなたの信用力をはかる内容を申告するのが一般的です。

 

申し込みを行う業態が銀行か消費者金融かで、『融資実行までのスピード』、『審査の通りやすさ』、『大きな金額を借りる事ができるか』、『金利は高くないか』が変わってきます。

 

銀行、消費者金融で得意とする融資形態が異なるため、「即日融資を受けたい、審査に自信が無い」と言った人は消費者金融に、「大きな金額を借りないといけない、長期間借りる予定なので金利は低くないとダメ」と言う人は銀行カードローンを検討するといいでしょう。

 

プロミス
プロミス プロミスの強みは、大手消費者金融の中でも金利が低めで、融資実行までのスピードが早いことです。しかも、無利息期間が初回の借入から30日なので、無利息期間を最大限に活用できることです。(他の消費者金融は審査が通ってから30日間)。迷ったら「プロミス」で間違いないでしょう。
実質年率 限度額 おすすめ度
4.5%〜17.8% 500万円 お金,借りる,即日
アコム
アコムの強みは、「融資までの時間がとてもに早い」ことです。スムーズに手続きを進めれば30分で審査が完了し、申し込んだその日に融資を受けることも可能です。自動契約機(むじんくん)の設置場所も全国各地に設置されているので利用に困ることはないでしょう。
実質年率 限度額 おすすめ度
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アイフル
アイフルの特徴は、「高い新規契約率」「急ぎの方専用ダイヤルがある」という点です。アイフルの新規契約率は約46%で、消費者金融業界の中でもかなり高いです。利用申込者の約半分近くの方が審査に通過していることになります。
実質年率 限度額 おすすめ度
3.0%〜18.0% 800万円
SMBCモビット
SMBCモビットの特徴は「WEB完結」でしょう。「WEB完結」とは、カードの受け取りも不要で郵送物もなく電話連絡もないので、他人にバレる心配がないので安心して申し込むことが出来ますね。ひとつ欠点があるとすれば無利息期間がないことです。
実質年率 限度額 おすすめ度
3.0%〜18.0% 800万円
レイクALSA
レイクALSAの特徴は3つの無利息サービスがあることです。「お借入れ全額30日間無利息」「契約金額1万〜200万円まで60日間無利息(9月3日〜11月30日までの期間限定のサービス)」「お借入れ額5万円まで180日間無利息」。利用金額や利用期間によって自由に選ぶことが出来ます。
実質年率 限度額 おすすめ度
4.5%〜18.0% 500万円

 

カードローン申し込み後に行われる審査

お金を借りる流れで最も重要なのが審査になります。審査に通らない限り、お金を借りる事はできません。

 

審査は一般的に、申込の内容を点数化して合否を判断する『自動審査』と、信用情報機関に情報内容等を人の目でチェックする『本審査』にわかれています。

 

自動審査に通過した後、本審査が行われ、融資実行の判断が下される流れとなります。
どちらもお金を借りる時には避けては通れない項目です。

 

自動審査に通過するには借入先件数を減らしてから、申し込むことが通過するコツになります。
本審査は滞納や事故記録があると通りにくくなりますので、普段から生活に気を付けましょう。

 

信用情報が既に傷ついていると言った人は、中小消費者金融などの審査が甘いとされる業種に申し込む事も有効です。

 

融資の方法は銀行振込かATMからの現金キャッシング

審査に通ったらいよいよ融資実行です。
お金を借りる方法は主に、『銀行振込みで融資を受ける方法』と『ATMを操作して融資を受ける方法』の2つにわけられます。

 

銀行振り込みだと、夜間や土日祝日など、手持ちの銀行口座によっては銀行営業時間外で直ぐに融資が受けられない事もあります。

 

ATMで融資を受ける時も、コンビニATMなど提携ATMを使うと手数料がかかるので、無用なコストが発生します。なるべく金融機関が設置しているATMを使うようにしましょう。

 

 

会社や家族など他人にバレずにお金を借りる方法

「お金を借りたい、でも他人には絶対ばれたくない」多くの人が抱えるお金を借りる時の悩みです。会社の同僚や家族に借金をしていることを知られたくないですよね。

 

お金を借りる時、一つ一つ注意すれば、会社の同僚や家族にバレる事はありません。他人にバレないでお金を借りる注意点について解説します。

 

お金を借りようとしていることが他人にバレる3つのケース

 

消費者金融を中心に金融機関は基本的に個人情報に気を配ってくれますので、キャッシング・カードローンが他人にバレるケースはほとんどありません。
それでも他人にバレるケースは大きく分けて3つ考えられます。

 

  1. 在籍確認時に他人(会社の同僚)にバレるケース
  2. 家に郵送物などが送られて来て、他人(家族)にバレるケース
  3. 家族にお金を借りているか調べられてバレるケース

 

以上3つのケースは、金融機関も他人にバレないように配慮してくれていますが、可能性をゼロにする事は出来ません。

 

職場で他人にバレないでお金を借りるための注意点

 

職場で他人にばれるケースで多いのは、申し込みの際の在籍確認時になります。

 

在籍確認はカードローン業者などの金融機関も気を遣って、個人名で電話をかけてくる事が多いですが、携帯電話を誰でも持っている時代、個人名で会社の電話にかけてくる人は少ないでしょう。

 

個人名でかかってきた電話を、『仕事関係じゃないな。カードローンでお金を借りたかな。』と言った形で勘繰られバレるわけです。

 

カードローンとバレないにしても、会社の電話に友達からかかって来るのは上司・同僚共にいい顔はしないと考えられます。

 

予め、「クレジットカードを作った」とか「住宅ローンの勧誘だった」とか言い訳を考えて、聞かれたら上手くごまかしましょう。

 

家族にお金を借りたことがバレないための注意点

 

家で他人(家族)にキャッシング・カードローンがバレるケースで多いのは明細書などが送られてきて、家族がそれをチェックした時です。

 

封筒は一見するとキャッシング・カードローン会社とわからないようになっていますが、スマホが発達した時代、ちょっと調べればゴロゴロ情報が出てきます。

 

明細書は郵送で送ってこないよう、WEBで確認するように設定を替えましょう。WEBでの確認は会員ページにアクセスする事でできます。

 

もう一つ、他人(家族)にバレるケースがあるのが、財布の中身を見られた時です。

 

財布にキャッシングカードが入っていると、「なんだこのカードは?!」と言う風に怪しまれます。
お財布は放り出したりせずに、キチンとしまうようにしましょう。

 

滞納をすると督促状が来ますので、滞納も絶対に行わないようにしてください。

カードローン会社からの在籍確認ってどういう内容?在籍確認をやめてもらう方法はあるの?

職場に電話がかかって来る在籍確認、今までカードローンでお金を借りたことが無い人は躊躇してしまいますよね。

 

やましい事をしている訳ではないけど、カードローンに頼るのを同僚や上司には知られたくない人の方が大半です。

 

多くの人が不安に思う在籍確認、その内容と在籍確認をやめてもらう方法について解説します。

 

在籍確認は職場に所属しているかの確認

在籍確認は職場に電話をして、その職場にキチンと所属している事を確認する事が目的になります。

 

カードローンの他に、クレジットカード会社でも在籍確認を行う所はあるので、別段お金を借りる時だけ在籍確認が行われるわけでは有りません。

 

この在籍確認の電話、消費者金融のキャッシングなら何処も会社名を名乗らず個人名でかけてくれます(銀行カードローンは銀行によって違います)。

 

個人名なら電話を取った人も消費者金融とは気づかないので、職場の同僚に知られたくない人は銀行より消費者金融に申し込んだ方がいいでしょう。

 

在籍確認の内容は「○○さんはいますか?」という文字通りその会社に籍を置いているかどうかの簡単な確認になります。必ずしも本人が出る必要はなく、「ただいま外出中です(席を外しています)。」と他の社員が答えたとしても在籍の確認は取れるので問題ありません。

 

実はあった!在籍確認の職場への電話をやめてもらう方法

「電話を個人名でかけてくるって言われても、個人名でもかけてきてもらいたくないよ!」と言う人も多くいるかと思います。

 

在籍確認は本人確認法等のルールで決められているので、金融機関は在籍確認を省くことは出来ません。

 

しかしながら、在籍確認は電話で必ずしも行うとは定められていないので、お願いをすれば別の方法をもって在籍確認を行う事が出来る余地が金融機関にはあります。

 

利用するには、『指定のメガバンク銀行口座を開設している』、『会社員で健康保険証を持っている』など条件を満たす必要がありますが、心配な在籍確認を電話以外の方法で確認してもらう事が出来るのは大きな利点と言えるでしょう。

 

どうしても在籍確認の電話が嫌だという人は、電話連絡なしのモビットのWEB完結サービスなどを利用してみてください。

 

堂々としていれば在籍確認はバレません

在籍確認の電話は、オドオドしているので感づかれるものです。

 

匿名でかかってきた電話はクレジットカード会社のものか消費者金融や銀行カードローンのものかわかりません。

 

電話を取る人に、「クレジットカードを作ったので匿名で電話がかかって来るかも」と言っておけば、怪しまれる事もないでしょう。

 

銀行名を名乗る銀行カードローンから借りたのであれば、銀行のサービスは住宅ローンや投資信託の販売など色々あるので、堂々としていれば「カードローンでお金を借りたな。」とはだれも思わないものです。

 

そもそも他人にかかってきた電話に興味がある人はいないので、在籍確認を過度に怖がる必要はありません。

 

 

スムーズにお金を借りるポイント・条件・注意点

お金を借りなければいけない時、スムーズに借入を行う事は誰しも希望しているものです。

 

折角申し込んだのに、いくら待っても連絡が来なかったり、待たされたり、挙句の果てに審査に落とされたりしては時間と労力の無駄になってしまいます。

 

スムーズな借入をするには、借入を考えている業態の審査ポイントについて理解すること、即日融資が受けられる業態かをチェックすること、待ち時間を短くするための申し込み方法を理解する事が大切です。

 

お金を借りるなら知っておきたい、スムーズに借りるためのポイント・条件・注意点について解説します。

 

カードローンの審査について理解する

お金を借りる時は、銀行カードローンか消費者金融カードローンのどちらかに申し込み・審査を受ける必要があります。

 

金利は銀行より消費者金融の方が高いですが、審査の通過率は消費者金融の方が一般的に基準は緩くなっています。

 

特に『パート・アルバイト、派遣社員、契約社員に従事する非正規雇用者』や『年収が低い人』、『就業年数が浅い人』は、銀行カードローンの審査は厳しい結果になりがちです。

 

審査に落ちると時間と手間がとられるので、自分の状態を客観的に見つめなおし、審査への自信度合いで銀行カードローンか消費者金融カードローンかを決めましょう。

 

即日融資を受けたい時に注意する事

その日の内に融資を受けたいのであれば、銀行カードローンに申し込まないように注意しなければいけません。

 

銀行カードローンは2018年1月以降、業界ルールの改正で、審査に顧客が申し込んだ後、一度警察のデータベースに顧客情報を照会するルールになったため、時間がかかるようになりました。

 

警察への照会は回答が来るまで1日以上かかるので、どんなに審査を急いでも1日以上の審査時間がかかり、即日融資を受ける事が出来ません。

 

スムーズな借入は銀行カードローンでは行えませんので、融資を急いでいる人は銀行ではなく消費者金融に申し込むようにしてください。

 

自動契約機にいきなりいかず、WEBから申し込む

大手消費者金融は駅前を中心に、色々な場所に自動契約機を用意してくれています。

 

お金が欲しい時、直ぐに自動契約機に行きたくなりますが、いきなり自動契約機に行って申し込むと審査待ち時間が長くなり、お勧めできません。

 

自宅でWEBから申し込んだあとに自動契約機を訪れた方が、スムーズな借入を行う事ができるのです。

 

WEBで申し込みをした後、審査結果が返ってきますので、本人確認書類や収入証明書(必要ならば)を用意して、自動契約機を訪れることがポイントです。
更に詳しく知りたい方はお金を借りる方法も参考にしてみてください。

お金を借りる20の方法

1. 消費者金融でお金を借りる

 

お金を借りたい時、ぱっと思いつくのは消費者金融カードローンでお金を借りる事ではないでしょうか。消費者金融はスピーディーかつ利用しやすいサービスです。お金を借りるメジャーな手段だと言えます。

 

そんな消費者金融でお金を借りる、メリットとデメリットについて説明します。

 

消費者金融でお金を借りるメリット

消費者金融でお金を借りるメリットには、以下のような項目があります。

 

即日融資などに対応してくれる

現在の銀行のローンは申し込んだその日に融資を受ける事は出来ませんが、消費者金融は即日融資が可能です。

 

無利息期間などサービスが充実

大手消費者金融の一部では、初めて利用する人に対して30日間の無利息期間を用意してくれます。短期間で返すアテがあるならば、無利息期間を利用することで銀行などからの借入より節約できることがあります。

 

審査スピードが速い

消費者金融の審査スピードは速く、融資できるかできないかの審査は30分程度で結論が出てきます。
金策を焦っている人に対して、審査スピードが速いと言うのは大きなメリットです。

 

土日祝日などでも、融資を受ける事が出来る

消費者金融は土日祝日でも即日融資が可能です。土日祝日でも銀行営業時間やカードの郵送時間を気にせず、即日融資を受ける事が出来るのは消費者金融だけになります。

 

銀行カードローンよりは審査に通りやすい

更に消費者金融は、その他のローンに比べて圧倒的に審査に通りやすくなっています。
銀行カードローンで審査に通らない人は消費者金融に申し込むといいでしょう。

 

消費者金融でお金を借りるデメリット

消費者金融でお金を借りるのは、いい面ばかりではありません。
消費者金融には以下のようなデメリットが発生します。

 

金利が若干高め

消費者金融の金利は、限度額が多い人ほど低くなりますが、基本的に金利は15%〜18%で高いと言わざるを得ません。
長期間になる程、支払利息は膨らんでいきます。

 

総量規制で自由に融資が出来ない

消費者金融は総量規制にのっとって年収の3分の1までしか融資ができません。
借りられる金額として、年収の3分の1までと言うのは決して十分な金額とは言えないでしょう。

 

返済が滞ったりすると住宅ローン審査などでマイナス要因になる

住宅ローンや教育ローンなど大きなローン審査を受ける時に、消費者金融からの借入利息はマイナス要因になります。一生を左右する住宅ローン審査に消費者金融からの借入で希望額が通らないと、悔いを残す結果となるでしょう。

 

長期間の借入には適さない

消費者金融の借入は金利が高く、長期の借入には向かないと言ったデメリットもあります。生活費が足りないと言って消費者金融から借りると、次の月には支払利息分が更に足りなくなります。

 

短期間で返せるアテがある、急な出費には消費者金融

総合的に見ると、借りても短期間で返すアテがある時は消費者金融の借入はメリットの方が多いと言えるでしょう。

 

急な出費が発生した時も、消費者金融からの借入はスピード審査で対応してくれ、金利面でも短期間で返せば膨らみません。
「結婚式場に払うお金が増えた、1か月後にはご祝儀で返せる」、「身内に不幸があって、突然里帰りをしないといけなくなった、お金が無い」などの緊急時は、消費者金融に頼ってみてください。

 

2. 銀行カードローンでお金を借りる

比較的まとまった金額を借りたい時、思い浮かぶのは銀行カードローンではないでしょうか。

 

銀行は住宅ローンを始め、教育ローンや自動車ローン、使途目的が自由なカードローンなど様々なローンサービスでお金を貸してくれます。

 

これからお金を借りようと思う人は、銀行カードローンでお金を借りるメリット・デメリットについて把握しておいた方がいいでしょう。
銀行でお金を借りるメリット・デメリットについて説明します。

 

銀行でお金を借りるメリット

銀行でお金を借りた場合、他の金融機関と比べ低下の様なメリットが発生します。

 

カードローンの金利がリーズナブル

銀行カードローンの金利は、消費者金融の金利に比べて3〜5%安く設定されていることが多いです。
50万円を借りている場合でも、月あたりの利息が1250円〜2083円変わってきますので、この差は借入期間が長期化するほど大きくなっていきます。

 

目的ローンの金利はもっとリーズナブル

銀行にはカードローンの他に、自動車ローンやリフォームローンなどの使途目的が限定された目的ローンと言ったサービスも行っています。
目的ローンの金利は10%以下になる事が多く、カードローンより更にリーズナブルになります。

 

1000万円といった、大きな限度額をカードローンで設定可能な事が多い

消費者金融は総量規制が対象となり、貸し出しに上限がかかりますが、銀行に総量規制は関係ありません。
そのため、消費者金融よりも大きな限度額を設定可能と言ったメリットが銀行にはあります。

 

住宅ローン、おまとめローンなど用途に合わせた借り入れが可能

銀行によってはカードローン以外でも、様々なローン体系を用意してくれています。
結婚する人はブライダルローン、借金を一本化したい人はおまとめローンなど用意されており、個人の経済状態に合わせた契約が可能です。

 

銀行でお金を借りるデメリット

銀行でお金を借りるのはメリットばかりではありません。
お金を借りる時、銀行を選択する場合のデメリットについて説明します。

 

即日融資はカードローンであっても受けられない

銀行カードローンは以前こそ即日融資をしていましたが、2018年から仕組みが変わって即日融資が事実上できなくなりました。
「今日お金が欲しい!」といったニーズに銀行からの借入は応えてくれません。

 

審査は基本的に時間がとられる

審査もカードローンではその日に終わる事はありますが、目的ローンだと1〜2週間待たされることが普通です。
スピード感が無いところは銀行からの借入のデメリットです。

 

審査が厳しく通らない

更に銀行の借入は審査が厳しくなっています。銀行は保証会社をつけないと融資をしないため、銀行と保証会社2社の審査に合格しなければいけないからです。
審査が通りにくいのは銀行カードローンの大きなデメリットです。

 

借り入れが長期間になる、審査に通る自信があるなら銀行カードローンからの借入

総合的には金利が安いというメリットがあるので、長期的に借りなければいけない状況にあるなら銀行からの借入はおすすめです。
用途に合わせた目的ローンなども検討して、金利を節約すれば長い期間で大きな差になっていきます。
銀行の審査は厳しいので、審査に自信がある人は銀行カードローンからの借入を検討してもいいでしょう。

 

3. 国・市役所・区役所からお金を借りる

 

お金に困った時、金融会社に頼るというのが普通ですが、『本当にお金に困った時には国・市役所・区役所からお金を借りる』事が出来ます。
国・市役所・区役所からお金を借りる方法と、メリット・デメリットについて説明します。

 

国・市役所・区役所からお金を借りる制度

国・市役所・区役所には以下の様にお金を借りる制度が用意されています。

 

国の教育ローン

教育費にお金がかかり、頭を悩ませている人は国の教育ローンがおすすめです。
国の教育ローンは国が運営する日本政策金融公庫で借りる事が出来ます。

 

事業主の人が利用できるローン

国が運営する金融公庫では、事業主の人にも貸し出しをしてくれます。
民間の銀行などが貸してくれない人に対する制度ですので、検討してみるといいでしょう。

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は収入が低すぎる等、低所得者世帯を対象に自治体が融資してくれる貸付制度です。
社会福祉協議会で取り扱っていますので、本当にお金に困ったら申し込んでみてください。

 

国・市役所・区役所からお金を借りるメリット

国・市役所・区役所からお金を借りるメリットは以下の様になります。

 

とにかく金利が安い

国・市役所・区役所が用意するお金を借りる機関は、営利団体ではありませんので金利が低く設定されています。
生活福祉資金貸付制度は保証人が付けば金利はゼロ%です。
金利が安いのは国・市役所・区役所からお金を借りるメリットです。

 

低所得者向けに作られている

国・市役所・区役所が実施する貸付制度は、収入が低い人たちを救済する目的で作られています。
コンセプトが低所得者の救済ですから、審査に通る可能性は民間の金融機関より幾分か高まります。

 

国・市役所・区役所からお金を借りるデメリット

国・市役所・区役所からお金を借りるのはメリットばかりではありません。
デメリットについて解説します。

 

審査に時間がかかる

国・市役所・区役所の審査は民間団体と違い、かなり遅いです。
1か月以上かかる事もありますので、急ぎの融資には間に合いません。

 

審査に通らない

生活福祉資金貸付制度などは、収入が無いと審査に通らないという事があります。
収入が無いのだから生活費に困っているのに、意外に審査に通りません。
審査に通りにくく、誰のための制度かわからないと言ったところもデメリットになります。

 

使い勝手が非常に悪い

国・市役所・区役所から借りるお金は、消費者金融の様にコンビニATMで引き出したり返済したりできません。
お金は一度に借りて毎月返済すると言った制度です。使い勝手が非常に悪い点も、国・市役所・区役所のデメリットと言えるでしょう。

 

4. 手持ちのクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

「明日支払うべきお金が無い!深夜だけどお金を借りたい!」そんな時は、まず手持ちのクレジットカードの『キャッシング枠』を確認しましょう。

 

クレジットカードは、特別な申し込みをしていなくてもキャッシング枠が設定されている事が多く、すぐにお金を借りる事が出来る状態にあります。

 

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる時のメリット、デメリットについてかいせつ説明します。

 

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用するメリット

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる時のメリットについて見ていきましょう。

 

審査に通過している状態なので直ぐに使える

キャッシング枠が設定されているという事は、既に審査に通過している状態です。
消費者金融は深夜には審査を行っていませんので借りる事は出来ませんが、クレジットカードのキャッシング枠は既に審査に通過しているので、コンビニATMに挿し込むだけで24時間いつでも利用できます。

 

クレジットカードの支払日に合算して請求が来る

キャッシング枠で借りた金額は、ほとんどのクレジットカードで引き落とし日に合算して請求が来ます。
返済にわざわざATMに訪れる必要もなく、管理は楽ちんです。

 

こんなことに注意!キャッシング枠を利用するデメリット

クレジットカードのキャッシングにはデメリットも存在します。
キャッシングのデメリットを確認してから利用しましょう。

 

キャッシング金利が高い

クレジットカードのキャッシング金利は殆どのカードで利息制限法の上限です。
銀行カードローンや消費者金融の様に、借りている金額によって金利がリーズナブルになるという事もありません。

 

限度額が小さい

クレジットカードのキャッシング枠の金利は30万円〜50万円の事が多くなります。
増額申請をしても認められない事が多く、大きな金額を借りる事は難しくなります。

 

他の金融機関審査に通りにくくなる

銀行カードローンなどに借り換えて借金を一本化して、返済利息を削減したい場合、クレジットカードのキャッシング枠利用があると審査に通りにくくなります。
後々の審査に影響をもたらしてくるのは大きなデメリットです。

 

毎月の返済額は多い

クレジットカードのキャッシング枠の毎月の最低返済額は、他の業態と比べて金額が多い事がよくあります。
生活を圧迫しかねないので注意が必要です。

 

キャッシング枠を利用する総合評価

メリット、デメリットを見ると、『今直ぐにお金が必要、短期間で完済出来る、借りる金額は少ない』と言うのであれば、クレジットカードのキャッシング枠は向いています。

 

逆に『借り入れが長期間に渡る、借りなければいけない金額が多い』のであれば銀行などのローンを検討する方がいいでしょう。
自分が置かれている状況に合わせて、適切な選択をしてください。

 

5. 生命保険を利用してお金を借りる

 

「来月息子の進学費用の納付日。お金が足りない・・・」こんな時に思い浮かぶのは銀行や消費者金融です。
しかし、ちょっと待ってください。

 

もしもあなたが生命保険に加入していたら、生命保険からお金が借りる事ができます。銀行や消費者金融を頼る必要はないかもしれません。

 

生命保険でお金を借りた場合、メリット、デメリットが発生します。生命保険でお金を借りるメリット、デメリットについて見てきましょう。

 

生命保険でお金を借りるとは?

『生命保険でお金を借りる』というのは、あまりポピュラーな手法ではないので知らない人が多くいます。
生命保険には貯蓄性のある保険が多く、『契約者貸付制度』という制度が利用できます。

 

解約返戻金の70%〜90%にあたる分を担保として、安い金利で貸し出してくれる便利な制度なのです。
借りているだけですので、保証内容や契約内容は変更されません。

 

借入中に支払われる様な事由があっても、保険金はキチンと支払われます(借入金と相殺されます)。

 

生命保険を利用してお金を借りるメリット

生命保険を利用してお金を借りるメリットは、以下の様になります。

 

金利が安い

消費者金融や銀行カードローンから借りる時は無担保融資になりますので、金利は10%以上になるでしょう。
しかしながら、『契約者貸付制度』は生命保険で払い込んだ金額を担保にしているので、金利は2%台になる事が多く、とてもリーズナブルです。

 

審査が必要ない

生命保険の『契約者貸付制度』は自身が積み立てた生命保険料を担保としていますので、審査は基本的に行われません。
働いていない人でも受ける事が可能ですので、失業中でも利用できるとても便利な制度です。

 

生命保険でお金を借りるデメリット

生命保険でお金を借りると、デメリットも発生します。今度は生命保険でお金を借りるデメリットについて見ていきましょう。

 

返済が滞ると契約が失効する

生命保険でお金を借りても返済は行わなければいけません、
返済が滞ると、生命保険契約が失効します。

 

直ぐに利用する事ができない

消費者金融でお金を借りる時は即日で融資金を受け取る事も可能です。
生命保険でお金を借りる時は、保険会社に契約書を提出する必要がある事から、多くの生命保険会社で1週間程度時間がかかります。

 

そもそも生命保険に入っていないと、利用できない

当たり前ですが、生命保険に入っていなければ『契約者貸付制度』は利用できません。
本当にお金に困っている時は、生命保険なんてとっくに解約している事もあるでしょう。
積立したばかりでは、利用できるほど積立金が貯まっていない事もありえます。

 

6. 勤務先からお金を借りる

 

お金を借りる時、勤務先が従業員に対してお金を借りる制度を用意してくれていることがあります。
ただし、勤務先からお金を借りる事はメリットもありますが、気をつけなければいけないデメリットも存在します。
勤務先からお金を借りるメリット、デメリットについて確認していきましょう。

 

勤務先からお金を借りるメリット

勤務先からお金を借りるメリットには、以下のメリットが発生します。

 

給料の前借に該当して、金利が発生しない

消費者金融からまとまった金額を借りると、金利15%〜18%がかかります。
一方で勤務先からお金を借りる場合は、勤務会社の規定にもよりますが給料の前借とされて、金利がかからない事が多くあります。
金利がかかっても、リーズナブルに借りる事が出来てとても便利な制度です。

 

信用情報が汚れない

キャッシングやカードローンを利用すると、信用情報機関に記録されます。
住宅ローンなどの大きな審査を控えている時、利用履歴で信用情報機関の情報を汚す事は控えたいものです。
勤務先からの借入は信用情報機関に登録されませんので、汚れる心配はありません。

 

勤務先からお金を借りるデメリット

メリットも多くある勤務先からのお金の借入ですが、デメリットも多くあります。
勤務先からお金を借りるデメリットについて解説します。

 

退職しにくくなる

勤務先からお金を借りている内は退職がなかなかできません。
その勤務先がどんなにブラック企業でも、サービス残業をさせられまくっても文句を言えなくなってしまうでしょう。
変な借りを作ってしまうと、後々損をする事になりかねないので注意が必要です。

 

プライバシーが丸裸になる

勤務先からお金を借りる時には、必ず理由を聞かれます。
その理由がギャンブルや私的な浪費だったりすると、計画性が無いと感じられ、社内の立場を失う事になりかねません。

 

生活費が足りなくなる

当たり前ですが、勤務先からお金を借りた場合も返済をしなければいけません。
生活費が足りなくてお金を借りた場合、来月の給料は借りた分が減りますから益々苦しくなります。

 

総合的には勤務先からお金を借りるよりは銀行、消費者金融の利用を

メリット、デメリットを総合的に見るとメリットよりデメリットの方が重くなりそうです。

 

ブラック企業でも退職できなくなると、借入がある事を理由にいいように使われてしまう事もあるでしょう。そうなってしまうと、金融機関から借りる以上の機会損失が発生します。

 

プライベートが丸裸になり、今後の出世にも影響してくるかも知れなく、影響度はとても大きくなるので、お金を借りる時は銀行、消費者金融の利用を考えてみましょう。

 

7. 親、身内、友人に頼んでお金を借りる

 

お金を借りる時、親、身内、友人に頼んでお金を借りるのは、昔から行われている借入の方法です。
特に、昔は消費者金融など個人に融資をする金融機関はあまり存在しませんでしたので、お金に困った時は質屋か親、身内、友人に頼るのは普通のことでした。

 

この、親、身内、友人にお金を借りる事は現在でも有効なのでしょうか。
親、身内、友人に頼んでお金を借りる、メリット・デメリットについて説明します。

 

親、身内、友人にお金を借りるメリット

親、身内、友人にお金を借りと、以下の様なメリットが考えられます。

 

利息がかからない

消費者金融からの借入は利息が発生しますが、親、身内、友人に借りる時は利息を請求してくる人が少ないので利息はかかりません。
金融機関を利用するより返済額が少なくて済むのは、親、身内、友人に借りるメリットです。

 

返済日に融通が利く

金融機関から借入を行った場合は毎月返済をしなければいけませんが、親、身内、友人はお金が貯まるまで待ってくれる事が多くあります。
きちんと相談をすれば返済日に融通が利くので、生活の立て直しに役立ちます。

 

親、身内、友人にお金を借りるデメリット

親、身内、友人など身近な人にお金を借りるのはいいことばかりではありません。
親、身内、友人お金を借りるデメリットについて説明します。

 

親、身内、友人との関係が悪化

お金を貸すというのは、どんな人でも不安に思うものです。
親、身内、友人との関係度がどんなに親密でも、その関係は必ず悪化する事を理解してから頼まなければいけません。
ちゃんと返しても、関係は二度と元に戻らないでしょうから、今までの関係を全て壊すつもりでお願いしましょう。

 

親、身内、友人から社会的失格の烙印を押される

現代ではよっぽどのことがない限り、親、身内、友人からお金を借りようとは思いません。
親、身内、友人より、近くの金融機関から借りるというのが普通だからです。
『困った時はお互い様』は現在の日本社会ではあまり馴染まないでしょう。

 

トラブルになる

個人間の金銭貸借は、借用書を用意しない事が多くあります。
金融機関からの借入と違って、トラブルに陥りやすいのが親、身内、友人からの借入です。
要らぬトラブルを抱え込むリスクがあることを念頭に入れておきましょう。

 

総合的に見ると、親、身内、友人からお金を借りる事はやめた方がいい

親、身内、友人からお金を借りると、確かに金利は最小限で生活再建には役立ちます。
ただし、関係を壊すといった大きなデメリットが発生するので、マイナス要因の方が多いのが親、身内、友人からの借入でしょう。
どうしてもお金に困った時に、親に借りるくらいにして、身内や友人は控える方が無難です。

 

8. 郵便局でお金を借りる

 

どんなに田舎でも、地方でも郵便局は多くの場所に開設されています。
この郵便局でお金を借りる事が出来る事をご存知ですか?
郵便局でお金を借りる方法と、そのメリット、デメリットについて説明します。

 

郵便局でお金を借りる方法

郵便局にはゆうちょ銀行が入っています。しかしながら、ゆうちょ銀行は民間の業務を圧迫しない目的のため、他の金融機関に比べて貸し出しサービスは積極的には行えません。

 

ゆうちょ銀行独自の貸付サービスは、『財産形成貯金担保貸付』『貯金担保自動貸付』『国債等担保自動貸付』の担保がいる貸し付けの他は、スルガ銀行と提携して行っているローンサービスだけになります。

 

スルガ銀行が提携して行っているローンサービスの審査や契約は、スルガ銀行と行うようになるので、純粋に『郵便局からお金を借りる』といえるのは担保が必要な借入方法だけになります。

 

郵便局でお金を借りるメリット

郵便局でお金を借りるメリットは、以下のような点が考えられます。

 

担保付の貸付は金利が安い

財形貯蓄や定期預金、個人向け国債を担保にした貸付は、貸出金利が殆どかからず、非常にリーズナブルな金利体系になっています。

 

近場にあるので直ぐに相談できる

郵便局のメリットは、田舎であっても一定の店舗数を利便性のために残す事になっているので、相談におもむきやすい点です。
困った時に直ぐに来店して、相談に乗ってもらえる事は安心感があります。

 

担保のある貸し出しは審査が無い

財形貯蓄、定期預金、個人向け国債を担保にした取引では審査がありません。
解約をする金額の90%程度まで借入が可能ですので、急な必要性に耐えられる借入方法になります。

 

郵便局でお金を借りるデメリット

今度は郵便局でお金を借りるデメリットについて説明していきます。

 

担保が無いと借入が出来ない事が多い

ゆうちょ銀行が独自で行う貸し出しは、財形貯蓄、定期預金、個人向け国債を担保にした貸し出しだけになります。
提携銀行とのカードローンは、提携銀行に直接申し込めばいいだけですので、余り意味がありません。

 

提携銀行と行っているローンサービスも金利は高い

提携銀行と行うカードローンサービスの金利は、7.0%〜14.9%となっています。
他のローンサービスも、通常の銀行と比べ、特段リーズナブルではありません。
審査も通りにくいので、提携銀行とのローンサービスをあえて利用しなくてもいいでしょう。

 

担保が無い人にとってメリットが少ない

『担保が無い人にとっては、メリットがない』のが郵便局のローンサービスです。
インターネットが使える環境にあるなら、大手銀行カードローンや消費者金融から融資を受けられます。
あえてメリットの少ない郵便局からの借入にこだわる必要はないでしょう。

 

9. 警察でお金を借りる

 

「お財布を落として、警察でお金を借りた。」という話しは誰しも一度、聞いたことがあるのではないでしょうか、
警察は本当にお金を貸してくれるのでしょうか。そして、警察からお金を借りる事にメリット・デメリットは発生するのでしょうか。
警察でお金を借りる方法、メリット、デメリットについて説明します。

 

警察でお金を借りる方法

警察というか、交番には『公衆接遇弁消費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)』と言う制度が導入されています。
この制度は財布を落としたり、盗難されたりして、交通費が無くて自宅に帰れない人を救済する制度です。

 

この制度は、警察官が正当性のある事情を持っていると認めた場合のみ利用することが出来ます。
ちょっとお金に困ったので借りたいというニーズに応える制度ではなく、盗難や行方不明者の保護など特別な理由がある場合に限られます。

 

警察でお金を借りるメリット

警察でお金を借りるメリットは、以下の様になります。

 

お財布を無くした時は心強い味方になる

お財布を盗まれた、落としたなどした時、定期もICカードも全て財布に入っているので家に帰る事が出来なくなるのではないでしょうか。
そんな時に警察は帰りの電車代を貸してくれる、心強い存在です。
遺失物届、盗難届を出すと思いますのでその時にお願してみましょう。

 

利息はかからない

警察は貸金業者ではありませんから、金利は無いので利息は発生しません。
無利息で借りる事が出来るのは大きなメリットです。

 

警察でお金を借りるデメリット

警察でお金を借りるにはいい事ばかりではありません。
警察でお金を借りるデメリットについて説明します。

 

基本的に特別な事情が無いと貸してくれない

警察が適当と認めなければ貸してくれませんので、基本的には財布の盗難など理由が無いと貸してくれません。
生活費などの用途で借りる事は当然できませんので、金策には向かないでしょう。

 

貸してくれても1000円ぽっち

貸し出しの上限が決まっていて、貸してくれても電車代の1000円だけという事は多いです。
1000円を超える借入をする場合は、交番にいる人ではなく上役の判断が必要になります。
基本的には少額しか借りる事は出来ないでしょう。

 

スマホがあると貸してくれない

スマホが手元にあると、家族や友人知人に迎えに来てもらいなさいと断られるケースがあります。
また、家まで頑張れば歩いて帰れる距離であっても断られるでしょう。
貸金業者ではないので、警察官が適当と認めなければ、あきらめた方がいいかもしれません。

 

10. 駅でお金を借りる

 

『酔っぱらって意識を失い、気が付いたら財布がなくなっていた、電車賃もなくて家に帰れない』こんなケースに遭遇するとどう対処していいかわからなくなりますよね。

 

実はやむを得ない理由で切符の購入代金を用意できない場合は、駅でお金を貸してくれる事があるようです(鉄道会社によります)。

 

駅でお金を借りる方法、メリット、デメリットについて説明します。

 

駅でお金を借りるには?

駅でお金を借りるには、駅員に相談をする事になります。
電車代が無くて帰れないと言った時、駅員に相談することにより、一時的に立て替えをしてくれる事があるようです。

 

鉄道会社の中でキチンとした制度があると確立しているわけでは有りませんが、困っているのであればダメ元で駅員さんにお願いしてみるといいでしょう。

 

駅でお金を借りるメリット

益でお金を借りるメリットは以下の様になります。

 

お財布を無くした時、助かる

お財布を無くした時、帰りの電車賃もない状態になるかと思います。
そんな時に電車代を立て替えてくれれば、とても助かります。
どんなに頑張って歩いても帰れない様な距離であるなら、駅員さんに一度相談してみましょう。

 

金利等はかからない

お金を借りるというよりは、電車代金の立て替えになりますので金利はかかりません。
後日、家族から借りるなどしてお金を用意出来たら、すぐに駅に立て替えてもらった金額を返しに行きましょう。

 

駅でお金を借りるデメリット

駅でお金を借りるのは簡単ではないようです。
駅でお金を借りるデメリットについて説明します。

 

身分証が必要だったりする

駅でお金を借りるケースは意外に少ないようです。
最近では寸借詐欺が流行っていますので、身分証を求められる事があります。
財布と一緒に身分証が無くなっていると、駅でお金を借りる事は出来ません。

 

電車賃しか貸してくれない

当たり前ですが、駅員は生活費などその手のお金は貸してくれません。
「今日食べるものが無い」と言っても、「市役所等に相談されてはいかがでしょうか?」と追い返されるだけです。
必要最低限の電車代しか貸してくれませんので、金策に利用する事は出来ないと思ってください。

 

他の方法を考えてくださいと言われる

お財布を無くした場合でも、スマホは手元にあるのではないでしょうか?
基本的に鉄道会社に『お財布を無くして困っている人を助けなければいけないといった制度』はありませんので、「自分で何とかしてください」と言われる事は良くあります。

 

スマホがあるなら、スマホで家族、知人に助けを求める、もしくは交番に助けを求めた方が現実的です。

 

11. 個人融資掲示板を利用してお金を借りる

 

個人融資掲示板とは、お金を借りたい人と売りたい人を結びつけるネット掲示板で、現代の新しい借り方のように思います。個人融資掲示板のメリット・デメリットについて説明します。

 

個人融資掲示板でお金を借りる方法

個人融資掲示板はインターネットで運営されています。
利用の際にはメールアドレス、名前、年齢、性別、住んでいる都道府県、職業、借入希望額などを入力して、貸してくれる人から応答があるのを待ちます。

 

個人融資掲示板を利用してお金を借りるメリット

個人融資掲示板を利用するメリットは以下の様になります。

 

金利や返済期間は自分で自由に決められる

借りる側としては、自分の希望金利と返済期間を出して、自分に融資をしてくれる人を待つだけです。

 

後は自分に融資をしてくれる人が見つかったら、個別に契約を結んでいきます。
業者とは違いますので、貸金業者よりいい条件で貸し出しが出来る場合があります。

 

審査が必要ない

個人融資掲示板は、貸してくれる人は金融機関ではありませんので、基本的に信用情報機関のチェック等の審査は行いません。
貴方に信用があると思われれば融資をしてくれるだけですので、ブラックリスト入りしている人でも貸してくれる人は見つかるでしょう。

 

個人融資掲示板のデメリット

個人融資掲示板にはトラブルが多いようです。
個人融資掲示板のデメリットについて解説します。

 

ヤミ金が多い

個人融資掲示板に登録している人が善良な一般人である確率は極めて低いです。
ほとんどがヤミ金やヤクザで、貸付を行った後は暴利を請求してきます。
法律の範囲外で営業していますので、関わってしまってはトコトン追い込まれてしまうでしょう。

 

詐欺が多い

「信用が必要なので、先に保証金を振り込んでください」「個人情報を教えてください」といった詐欺も多いのが個人融資掲示板です。

 

お金を借りる時は個人情報を渡さなければ貸してくれませんので、個人情報だけ抜かれる危険性も高いと言えるでしょう。
女性に対して、アダルトな写真を送らせる被害も確認されています。

 

逆に金利が高くなる

個人に対しての融資は貸す側もリスクが高くなりますので、金利をその分転嫁しなければいけません。
慈善事業を行ってくれて、タダで貸してくれる人なんて居ないでしょう。

 

消費者金融などの金融機関から借りるより金利が高くなる事例はよく確認されます。

 

お金に困ったら金融機関にお願いして個人融資掲示板は利用しない

総合的に考えると、個人融資掲示板の利用は借りる方も貸す方も控えた方がいいでしょう。
個人融資掲示板で貸し手を募集しても、その貸し手が本当にお金を振り込んでくれるかはわかりません。

 

ヤミ金などにかかると、「利子が返し終えていない」などで付きまとわれる事が考えられます。
金利もそこまで安くはならなくなるので、今の生活を守りたいのであれば利用を控える方が無難です。

 

12. 闇金でお金を借りる

 

一昔前はヤミ金が街中で普通に営業していましたが、最近は地下に潜ったのかあまり見かけなくなりました。
ヤミ金でお金を借りる事は有効なのでしょうか。
ヤミ金でお金を借りるメリット、デメリットについて説明します。

 

ヤミ金でお金を借りる方法

ヤミ金でお金を借りる方法は、『お金貸します』といった怪しいチラシに電話してみる、検索で『ヤミ金 借りたい』など入れるとホームページが出てきますので、そこに申し込みます。
住所、名前、生年月日を申告し、本人確認書類をメールで送れば銀行口座に振り込んでくれて、それで借り入れ終了です。

 

ヤミ金でお金を借りるメリット

「ヤミ金でお金を借りるメリットなんてない!」と言うお声が聞こえそうですが、ヤミ金でお金を借りるメリットも少しながら存在します。
ヤミ金でお金を借りるメリットについて説明します。

 

審査が必要ない

ヤミ金からお金を借りる時、審査は存在しません。

 

ヤミ金は信用情報機関に登録しておらず、他の金融機関の情報を見る事が出来ないので、審査そのものをせず、誰にでも一定額を融資します。

 

どんなにブラックリストに登録されて、多重債務で回収可能性が無くても融資してくれる事は、ヤミ金の唯一のメリットと言えるでしょう。

 

ヤミ金でお金を借りる時のデメリット

ヤミ金でお金を借りる時、多くのデメリットが発生します。闇金でお金を借りるデメリットは以下の様になります。

 

利息が暴利で返せない

ヤミ金の利息は、10日で1割〜3割と言うのが普通です。
お金が返せないからヤミ金に頼っているのに、10日で1〜3割の利息なんて払える訳がありません。

 

ヤミ金自体が完済してもらわずに金利を搾り取り続ける事を目的としています。
直ぐに返済に行き詰まり、恐ろしい取り立てが始まるでしょう。

 

ヤミ金は無法者なので、大きなトラブルが多い

実はヤミ金の被害件数は2003年から激減していっています。
代わりに増加しているのは一人あたりの被害金額です。

 

件数が減り被害金額が増えているという事は、一人に貸し付ける金額が多い為、大きなトラブルが発生する可能性が高くなっているのでしょう。
「命まではとらないだろう」と言う見通しは極めて甘いと言えるでしょう。

 

生活が破たんする

ヤミ金業者は違法業者ですので、法律で決められている取り立てのルールなどは一切守りません。
深夜に取り立てに来たり、職場に追い込みをかけたりされるでしょう。

 

漫画で描かれているような理屈を述べて帰るヤミ金業者は一握りです。
家族を含め、生活は破たんするといったデメリットが発生します。

 

総合的に見ると、ヤミ金の利用は絶対ダメ!

お金を貸してくれる人がいない時、ヤミ金に頼ってしまいたくなるでしょう。
どんな時でもヤミ金の利用は絶対に行ってはいけません。

 

一度借りると死ぬまで付きまとわれますし、トラブルになると家族にも取り返しがつかない事になります。
金融機関の支払は放置しておけば法律の範囲内でしか対応しません。ヤミ金の利用だけは絶対に行わないようにしてください。

 

13. 中小消費者金融でお金を借りる

 

中小消費者金融でお金を借りた事はありますか?
消費者金融は大手ばかりがテレビCMを流して目立っていますが、中小消費者金融もちゃんと活動しているのです。

 

この中小消費者金融、上手く利用するとお金を借りたい人の手助けになります。
中小消費者金融でお金を借りるメリット&デメリットについて説明します。

 

中小消費者金融でお金を借りる方法

中小消費者金融でお金を借りると言っても、会社の名前を知らない人が多いかと思います。
先ずは、『中小消費者金融 おすすめ』で検索して、おすすめ中小消費者金融をまとめたサイトを探しましょう。

 

申し込む中小消費者金融が決まったら、貸金業協会に名前が登録されているか調べてください。
後はホームページなり、電話なりで申し込めば融資を受けられます。

 

中小消費者金融でお金を借りるメリット

中小消費者金融でお金を借りるメリットは以下の様になります。

 

大手消費者金融より、圧倒的に審査に通りやすい

中小消費者金融のメリットは審査の通りやすさです。
支払忘れで延滞記録がある人や、滞納癖がありそうな人、水商売をしている人など大手消費者金融が相手にしない様な人でも審査に通ります。

 

専業主婦でも貸してくれるところが多い

専業主婦は総量規制では夫婦合算で年収の3分の1まで貸してもいいルールになっているのですが、大手消費者金融は手間を面倒くさがって、専業主婦に融資してくれません。
中小消費者金融の中には、手間を面倒くさがらず総量規制の例外を使って融資してくれる所があります。

 

金利は大手と変わらない

何となく中小消費者金融は高利貸と思っていませんか?
中小消費者金融と言っても、正規業者ですので金利は大手消費者金融とさほど変わりません。

 

中小消費者金融のデメリット

メリットの多い中小消費者金融ですが、デメリットも少しあるようです。
中小消費者金融でお金を借りるデメリットについて説明します。

 

中小消費者金融で借りると他の金融機関審査に通りにくくなる

スコアリング審査と言うのを聞いたことはあるかと思います。金融機関は申込者の返済能力や信用力をいくつかの属性でチェックしているのです。
ローン審査には大体スコアリング審査が実施されていますが、中小消費者金融からの借入があるとスコアリング審査でマイナスポイントになるのです。
借り換えや一本化をする時に苦労します。

 

総量規制以上は貸せない

いかに中小消費者金融の審査が緩いといっても、正規業者ですので総量規制は守ります。
既に大手消費者金融やクレジットカードでキャッシングを総量規制一杯まで借りている人は、中小消費者金融でも借りる事は出来ません。

 

審査に自信が無い人は中小消費者金融がおすすめ

総合的に見ると、中小消費者金融は審査に通りやすく、金利は大手消費者金融と変わらないと言ったメリットが存在すると言えます。

 

他の金融機関で滞納してしまった、収入が不安定などいった理由で大手消費者金融に断られた人は、中小消費者金融を探してチャレンジしてみてください。いい結果が出るかもしれません。

 

14. 無職の人がお金を借りる

 

「無職だけどお金を借りたい」と言う人は結構います。
むしろ、働いていない無職のほうが時間を持て余し、遊興費が増えたり、収入が無くなりお金に困ったりするのではないでしょうか。
無職でお金を借りる方法、そのメリット、デメリットについて説明します。

 

無職でお金を借りる方法

無職でお金を借りる方法は、はっきり言ってとても難しいです。
先ず、消費者金融からのキャッシングは総量規制が影響して審査に通りません。

 

銀行カードローンからの借入も、現在では収入が無い人に対して貸し出さない事が多く、審査に通りにくくなっています。
本当に全く収入が無い時は、社会福祉協議会にお願いしてみてください。

 

それでも断られたらクレジットカードのキャッシング枠が生きていないか確かめてみましょう。
カード会社に無職になった届け出をしていなければ、生きているかもしれません。

 

無職がお金を借りるメリット

無職の人がお金を借りると、以下のようなメリットが発生します。

 

急場をしのげる

お金が枯渇しそうなとき、収入が無い無職の人がお金を借りる事が出来るのは大きなメリットです。
生活費が無い時、今日食べるものが無い時などは利子云々とは言っておれません。
お金を借りて、急場をしのぎましょう。

 

生活が安定する

お金が無くて就職活動できないと言う人も中に入ると思います。
就職活動にはスーツ、ネクタイ、靴などお金がかかるものです。
長期でお金を借りる事が出来たり、就職が出来たりすれば、生活が安定します。

 

無職がお金を借りるデメリット

無職がお金を借りるデメリットは結構あります。
デメリットについて説明していきます。

 

返済が滞る事が確実

借入に成功しても、利息を加えて返済をしなければいけません。
就職をするにしても、給料が出るまで2か月程度はかかりますので、無職の内に必ず返済が滞る事になります。

 

返済が滞ると、自己破産等を行わなければいけなくなり、状況が悪化しかねません。

 

そもそも無職だとお金を借りられない

無職の人への貸し出しは、法律、ルール等が邪魔をして中々困難なものになります。
頼みの綱の社会福祉協議会も、無職の人には貸し出しはあまり行ってくれません。

 

精神が病む

無職の状態で借り入れを行うと、返せないうちにどんどん借金は増加していくため、精神的に疲弊します。
中にはうつ病など病気を患う事もあるでしょう。
不要不急の用事で借り入れを考えているなら、消費を我慢したほうが無難です。

 

15. 年金受給者がお金を借りる

 

年金受給者は現役時代と比べ収入が減り、カードローンなどでお金を借りたくなる事が多くなると言われています。
しかしながら、殆どのカードローン業者で、年金収入は安定的な収入とみなしてくれない所が多くなっていますので他の方法に頼らないといけません。

 

年金受給者がお金を借りる方法、メリット、デメリットについて説明していきます。

 

年金受給者がお金を借りる方法

年金受給者がお金を借りるには、それ専用の機関を利用する必要があります。
年金受給者にお金を貸してくれる機関は以下の様になります。

 

独立行政法人 福祉医療機構(通称WAM)

独立行政法人 福祉医療機構は厚生労働省管轄の病院、診療所、社会福祉法人に融資をする法人です。
もう一つの業務として、年金受給権を原資とした貸し付けを行っています。
金利も割安なので、先ずは独立行政法人 福祉医療機構に申し込みましょう。

 

独立行政法人 福祉医療機構OKのカードローン業者を探す

銀行カードドローンの中には、年金受給者に対しても融資をしてくれるところがあります(但し、年齢の制限で断られる事もあり)。
利用できるか探してみるといいでしょう。

 

質屋を利用する

質屋は物を担保にお金を融資してくれます。
価値のある腕時計や、金のネックレスなど今も需要があるものであれば、ちょっとした金額なら融資してくれるでしょう。
返さないと質流れになるので注意が必要です。

 

リバースモーゲージでお金を借りる

大きな話になりますが、持ち家の人はリバースモーケージと言う手法を使えます。
リバースモーゲージとは持ち家を担保にお金を借りて、死亡した場合は担保を手放し清算する方法です。
長期的にまとまった金額を借りる事が出来ます。

 

年金受給者がお金を借りるメリット

年金受給者がお金を借りるメリットとは何でしょうか。
メリットについて説明していきます。

 

生活に潤いが出てくる

年金生活には時間がありますので、出来る限り楽しみたいものです。
ちょっと旅行でおいしい物を食べたいという事はあるでしょう。
そういった時、少しお金を借りて贅沢して、帰ったら節約して返していけば、日々の生活に潤いが出てきます。

 

急な出費に対応できる

冠婚葬祭や病気になったなど、緊急でお金が必要となる事は良くあるでしょう。
そんな時に買入で急場をしのげるのは助かります。

 

年金受給者がお金を借りるデメリット

年金受給者がお金を借りるデメリットはどんなことがあるのでしょうか。
デメリットについてきちんと把握してから借りていきましょう。

 

キチンと返せるかわからない

年金ははっきり言って、生活をする上でギリギリか、それ以下の収入しかもらえません。

 

生活費が足りないからと言って借りたりすると、翌月の生活費はもっと足りなくなります。
滞納しがちになるのは年金受給者がお金を借りるデメリットです。

 

審査に時間がかかり、通りにくい

年金受給者で借り入れ可能な機関は、審査時間が長く、しかも審査が通りにくいといった特徴があります。
誰でも簡単に借りられるわけでは無い点に注意しなければいけません。

 

年金受給者が死亡した時、残された家族に迷惑がかかる

死亡した時は遺産相続が発生します。
遺産相続を放棄する時には地方裁判所に申し立てをしなければいけません
家族が知らないうちに作った借金で、死亡後に家族が何もしないと、借金が相続され迷惑をかけてしまうので注意しなければいけません。

 

16. 学生がお金を借りる

 

合コン、サークル、卒業旅行、車を買ってドライブ、学生生活は人生で最も楽しい時期かと思います。
楽しい時期に必要なのは、なんといってもお金でしょう。
学生がお金を借りる方法、メリット、デメリットについて説明します。

 

学生(20歳以上)がお金を借りる方法

学生がお金を借りる方法は、奨学金で借りる、カードローンで借りる、クレジットカードで借りると言った方法があります。
親の保証が受けられるなら、大学生協から生協ローンで借りるという手も使えるでしょう。
留学や研究で必要なハイスペックのパソコンなどを購入する時、お金を借りる事が出来れば役立ちます。

 

学生がお金を借りるメリット

学生がお金を借りるメリットは以下の様になります。

 

大学生活をエンジョイできる

はっきり言って社会人になると、自由になる時間は全くありません。
学生の様に1か月留学をしたり、旅行をしたりと言うのは難しいでしょう。
一方で、社会人ではお金はあるけど学生ではお金がありません。
その時間とお金のミスマッチがお金を借りる事により解決されるメリットがあります。

 

必要な経験を手にできる

留学や研究、専門学校でセカンドスクールなど、就職をしてからではできない経験は大学生活に沢山あります。
但し、それらの経験を得るにはお金が必要です。
お金を学生の内に借りる事によって、社会人になっても立派に生活していける経験を積むことが可能です。

 

学生がお金を借りるデメリット

学生がお金を借りるのには注意しなければいけない事が多くあります。
お金を借りるデメリットについて説明します。

 

返せなくなる

学生の内はアルバイトや仕送りに収入を頼る事になるでしょう。
カードローンを始め、奨学金以外の借金は利息が多くて返せなくなる可能性があります。
信用情報機関がブラックリスト扱いになり、利息は遅延損害金になって借金はどんどん膨らみます。

 

浪費が激しくなる

借金は人の感覚を狂わします。
カードローンなどずっと使っていると、『借入可能残高』がなぜか『銀行口座残高』に勘違いしてしまうようになる人が多くいるのです。
学生の内に借金になれてしまうと、浪費が激しく一生借金生活になりかねません。

 

詐欺、悪徳商法に引っかかりやすくなる

20歳を超えた学生を狙う詐欺・悪徳商法は沢山あります。
エステや語学スクール、絵画販売、ねずみ講、マルチ商法、最近では仮想通貨のICOに参加しませんかと言うのもあるみたいです。
お金を借りることができると、そういった詐欺に引っかかり被害が大きくなる事に注意しなければいけません。

 

17. ブラックでもお金を借りる

 

「若気の至りでブラックリストに登録されてしまった」と言う人は多くいます。
今は真面目にやっているのだから、お金を貸してほしいと申し込んでみても、ブラックの状態ではいい結果は出ないでしょう。

 

実はブラックでもお金を借りる方法があります。
ブラックでもお金を借りる方法と、そのメリット、デメリットについて説明します。

 

ブラックでもお金を借りる方法

ブラックにも程度があります。
例えば、何か月間か延滞してしまい、金融事故として登録されたが、その後キチンと完済した人から、自己破産をして法的整理を行ったがっつりブラックになっている人など様々です。

 

ブラックの人に融資をしてはいけないという法律は、実は存在しません。
何故融資をしてくれないのかと言うと、貸し倒れリスクを懸念して多くの銀行、大手消費者金融はブラックの人に融資しないのです。

 

逆に言うと中小消費者金融は顧客基盤が薄いので、申し込んでくる顧客はひと癖ふた癖ある人ばかりですので、多少のブラックは気にしない所が存在します。

 

ブラックの人でもお金を借りたいなら、中小消費者金融を探してみるといいでしょう。

 

ブラックでもお金を借りるメリット

ブラックでもお金を借りるメリットは、以下のようになります。

 

生活費が借りられる

ブラックの人はクレジットカードも持てません。
ちょっとしたことで資金不足に陥りがちなのです。
そんな時に借りる事が出来る会社があれば心強いですし役立ちます。

 

金利も取り立ても大手とさほど変わらない

中小消費者金融と言っても正規業者になりますので、金利は大手と殆ど変りません。
取り立ても法律を守らないと、免許取り消しになるのはわかっていますので、昔の様な無茶な取り立てはしてこないでしょう。
使い勝手としては大手と大差無いというのが現状です。

 

ブラックでお金を借りるデメリット

今度はブラックでお金を借りるデメリットについて見ていきます。

 

再び借金が膨らむ

ブラックの状態はお金を借りる事が出来ません。
ブラックになったという事は、以前お金を借りる事に失敗してなっているのですから、お金を借りる事が出来ないというのは逆に好ましい状況なのかもしれません。
再び借金が膨らむ可能性がありますので、計画的に利用すべきです。

 

使い勝手はあまりよくない

大手消費者金融と違い、中小消費者金融に提携ATMといった洒落たものは用意してくれていません。
昔ながらの店舗融資や振込み融資、返済も振込みが普通なので使い勝手は極めて悪いです。
ブラックにお金を貸してくれるのですから、あまり贅沢は言わないようにしましょう。

 

18. 質屋でお金を借りる

 

質屋でお金を借りるなんて古臭いと思っていませんか?
質屋で借りる事は、様々なメリットをもたらし、最近になって質屋が見直されてきているのです。
質屋でお金を借りる方法、メリット、デメリットについて説明します。

 

質屋でお金を借りる方法

質屋でお金を借りる方法は担保を持って行くと査定してもらい、その担保に見合った金額を貸してくれます。
借りられる期間はお店によって違いますが大体3か月という事が多いようです。

 

3か月後には金利を含めた分を返済し、出来なかったら質流れといって担保にした物品を質屋にとられます。

 

担保に入れるのは何でもいいというわけでは無く、価格が付きそうなもの、ブランド時計、ブランドバッグ、宝石、貴金属類を持って行きましょう。

質屋でお金を借りるメリット

質屋でお金を借りると、以下のようなメリットが発生します。

 

質屋はブラックの人・無職の人でも借りられる

ブラックになっている人は、普通の金融機関は融資をしてくれませんが、質屋は担保を取っていますので融資してくれます。

 

年金受給者や無職で収入が無い人でも質屋はお金を貸してくれるのです。
どの様な状況の人でもお金を借りる事が出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

質屋では審査が無いのでスピーディー

質屋は物品を担保に融資をしてくれますので、物の査定はするものの職業や年収などの審査は行いません。
審査時間がかからないので、即日融資やその場での融資が可能で便利なのです。

 

質屋でお金を借りるデメリット

メリットの多い質屋でお金を借りる方法ですが、デメリットも発生します。
質屋でお金を借りるデメリットは、以下の様になります。

 

質屋の金利は高い

何となく、担保を取っているので「金利は安いんじゃないかな?」と感じる人は多くいますが、それは間違いです。
質屋の金利はお店によって違いがありますが、消費者金融の約5倍と言った金利になっています。
質屋は貸金業法とは別の法律が適用されますので、この金利は違法金利になりません。

 

返せないと質流れになる

質屋に担保に入れた物品は、返済が出来ないと質流れと言って質屋に所有権が移ります。
質屋は物品を売却して、資金と利益を回収するわけです。
返済日までに何とかお金を用意しなくてはいけません。

 

査定は低いので、質屋よりリサイクルショップを利用したほうがいい

担保にする品物に愛着が無いのでしたら、質屋でお金を借りるよりリサイクルショップを利用して売却したほうがいいでしょう。

 

質屋の査定はとても低い価格の査定になりますし、返せないと質流れになり損をします。
返せる見通しが立っていないのであれば、売却して資金繰りを改善させましょう。

 

19. 共済組合でお金借りる

 

共済組合ってご存知ですか?
共済組合は公務員や私学の教職員を対象にした公的社会保障を運営する組合になります。

 

言うなれば公務員の年金・健康保険を運営している団体といえるでしょうか。
この共済組合からお金を借りる事が出来るのです。

 

共済組合からお金を借りる方法、メリット、デメリットについて説明します。

 

共済組合からお金を借りる方法

共済組合からお金を借りる方法は、『普通貸付の申込書』に必要事項を記入して、所属している共済組合の支部に提出します。
共済組合は公務員の組合になりますので、共済組合に加入していない人の利用は出来ません。

 

更に借入には『車を購入したい』『住宅を補修したい』など明確な理由が必要になる点にも注意しなければいけません。
申し込みの時に見積書や領収書、借入状況を示す書類の提出を求められる事もあります。
何が必要か問い合わせてから行動しましょう。

 

共済組合からお金を借りるメリット

共済組合からお金を借りるには数々のメリットがあります。
共済組合からお金を借りるメリットについて説明します。

 

金利が安い

共済組合の普通貸付の金利は、所属している支部によって違いはあるものの2.66?4.26%という格安の金利になっています。
消費者金融の金利15〜18%と比べると、雲泥の差というのが共済組合からの借入です。

 

借りられる金額が多い

共済組合の普通貸付は、月額給与の6倍(ただし最大値は200万円)という大きな金額を借りる事が可能です。
金利も安く、借りる事が出来る金額も多いというのは、共済組合の大きなメリットです。

 

共済組合でお金を借りるデメリット

共済組合でお金を借りるデメリットはなんでしょうか。
どうやらそんなに都合のいい制度では無いようです。共済組合でお金を借りるデメリットは以下のようになります。

 

使用目的が必要となる

共済組合の普通貸付はカードローンのように使徒自由というわけではありません。
必ず物品など購入する時でなければ借りることができないのです。

 

ちなみに需要がありそうな『借金の借り換え』というのは、共済組合では認めていないようです。
借入の際に見積書や領収書の提出を義務づける共済組合の支部もありますので、自由に融資を受けられるとは思わない方がいいでしょう。

 

公務員か私立の教職員以外利用できない

共済組合は共済組合の組員しか利用する事はできません。
一般サラリーマンは組合員で無いので利用できないのです。
すごく狭い範囲の人向けの制度と理解しましょう。

 

借入金の返済は給与から天引きされるので手取りが少なくなる

共済組合の返済は給与から天引きになります。
最初から天引きされるので、金利が高いところを優先的に返して行くといった返済の効率化を行うことができません。

 

毎月の手取りが減るので、生活費が足りなくなり高利の借金に移るなど悪循環が発生する可能性があるので、返済計画を考えて利用しましょう。

 

20. 中小機構でお金借りる(個人事業主・小規模企業経営者向け)

 

個人事業主、小規模企業経営者の方はつなぎ資金や日々の支払いに頭を悩まされていると思います。
そんな時には中小機構でお金を借りることを考えてみてはいかがでしょうか。
中小機構でお金を借りる方法と、メリット、デメリットについて解説します。

 

中小機構でお金を借りる方法

中小機構とは、国の中小企業政策の中核的な実施機関としての役割を果たすために作られた、端的に言えば国から中小企業にお金を貸す制度です。
貸付制度には、一般貸付制度、緊急経営安定貸付、傷病災害時貸付、福祉対応貸付等様々なニーズに即した貸付があります。

 

中小機構からお金を借りるには、経営者の年金積立になる、小規模企業共済に加入していなければいけません。
小規模企業共済に加入している人は、中小機構に申し込みをする事により、拠出した金額に応じて借入を行う事が出来ます。

 

中小機構でお金を借りるメリット

中小機構でお金を借りることは、銀行で借入を行うことより有利になるのでしょうか。
中小機構でお金を借りるメリットについて解説します。

 

金利が安い

お金を借りたいけど銀行が貸さない時、個人事業主や小規模企業経営者はカードローンやキャッシングなど高利の借入を考えるでしょう。
中小機構の一般貸付制度では、金利は1.5%と格安です。
金利が安い事は中小機構でお金を借りる最大のメリットと言えるでしょう。

 

国が行う貸付制度といった安心感がある

中小機構は国が運営する貸付機構ですので、普通の金融機関よりも安心感があります。
ビジネスローンは不安という方でも、中小機構は信用できますので利用しやすいでしょう。

 

色々な種類がある

中小機構には一般貸付の他にも、経済環境が著しく変化した時の貸付や、経営者が傷病になった時の貸付など、貸付種類が豊富にあります。
困った時に貸し付けをしてくれるのは、中小機構の大きなメリットです。

 

中小機構でお金を借りることのデメリット

一見便利な中小機構からお金を借りる方法ですが、デメリットも存在します。
中小機構でお金を借りるデメリットは以下のようになります。

 

返済期間が短い

中小機構の一般貸付の返済期間は、505万円以上で最大5年間です。
100万円以下では1年間しか借りることが出来なく、長期的な借入には適しません。

 

延滞利子が高い

一般貸付制度の利率は1.5%ですが、延滞利子は年14.6%に跳ね上がります。
サラ金水準の高い利息になりますので、延滞を行ってしまうと返せなくなってしまいます。

 

そもそも小規模企業共済に入っている必要がある

中小機構の貸付制度は誰でも利用できるのかというと、そのような制度ではありません。
小規模企業共済といって、月々1,000円?7万円まで自身で掛け金を積み立てる必要があります。

 

貸付制度も積み立てた掛け金分しか貸し出されませんので、自身が積み立てた金額を一時的に返してもらっているだけになります。

 

更新履歴