お金を借りるまでの流れ

お金を借りる時は、初めて借りる人も何度か借りたことがある人も不安に感じるものです。

 

身近なお金を借りるサービスは銀行のカードローン、消費者金融といった業態が提供してくれていますが、業態が違ってもお金を借りる流れはすべて「申し込み → 審査 → 融資実行」となります。

 

申込みから融資実行までどの様な流れになるのか、注意してもらいたい点について解説します。

 

 

お金を借りる時にはあなたの要望にあった金融機関に申し込む

お金を借りるときは、金融機関に申し込みを行う事からスタートします。

 

申込時に申告する内容は、住所氏名、生年月日の本人確認内容と、勤続年数、年収、借入先件数等のあなたの信用力をはかる内容を申告するのが一般的です。

 

申し込みを行う業態が銀行か消費者金融かで、『融資実行までのスピード』、『審査の通りやすさ』、『大きな金額を借りる事ができるか』、『金利は高くないか』が変わってきます。

 

銀行、消費者金融で得意とする融資形態が異なるため、「即日融資を受けたい、審査に自信が無い」と言った人は消費者金融に、「大きな金額を借りないといけない、長期間借りる予定なので金利は低くないとダメ」と言う人は銀行カードローンを検討するといいでしょう。

 

カードローン申し込み後に行われる審査

お金を借りる流れで最も重要なのが審査になります。審査に通らない限り、お金を借りる事はできません。

 

審査は一般的に、申込の内容を点数化して合否を判断する『自動審査』と、信用情報機関に情報内容等を人の目でチェックする『本審査』にわかれています。

 

自動審査に通過した後、本審査が行われ、融資実行の判断が下される流れとなります。
どちらもお金を借りる時には避けては通れない項目です。

 

自動審査に通過するには借入先件数を減らしてから、申し込むことが通過するコツになります。
本審査は滞納や事故記録があると通りにくくなりますので、普段から生活に気を付けましょう。

 

信用情報が既に傷ついていると言った人は、中小消費者金融などの審査が甘いとされる業種に申し込む事も有効です。

 

融資の方法は銀行振込かATMからの現金キャッシング

審査に通ったらいよいよ融資実行です。
お金を借りる方法は主に、『銀行振込みで融資を受ける方法』と『ATMを操作して融資を受ける方法』の2つにわけられます。

 

銀行振り込みだと、夜間や土日祝日など、手持ちの銀行口座によっては銀行営業時間外で直ぐに融資が受けられない事もあります。

 

ATMで融資を受ける時も、コンビニATMなど提携ATMを使うと手数料がかかるので、無用なコストが発生します。なるべく金融機関が設置しているATMを使うようにしましょう。

 

 

会社や家族など他人にバレずにお金を借りる方法

「お金を借りたい、でも他人には絶対ばれたくない」多くの人が抱えるお金を借りる時の悩みです。会社の同僚や家族に借金をしていることを知られたくないですよね。

 

お金を借りる時、一つ一つ注意すれば、会社の同僚や家族にバレる事はありません。他人にバレないでお金を借りる注意点について解説します。

 

お金を借りようとしていることが他人にバレる3つのケース

 

消費者金融を中心に金融機関は基本的に個人情報に気を配ってくれますので、キャッシング・カードローンが他人にバレるケースはほとんどありません。
それでも他人にバレるケースは大きく分けて3つ考えられます。

 

  1. 在籍確認時に他人(会社の同僚)にバレるケース
  2. 家に郵送物などが送られて来て、他人(家族)にバレるケース
  3. 家族にお金を借りているか調べられてバレるケース

 

以上3つのケースは、金融機関も他人にバレないように配慮してくれていますが、可能性をゼロにする事は出来ません。

 

職場で他人にバレないでお金を借りるための注意点

 

職場で他人にばれるケースで多いのは、申し込みの際の在籍確認時になります。

 

在籍確認はカードローン業者などの金融機関も気を遣って、個人名で電話をかけてくる事が多いですが、携帯電話を誰でも持っている時代、個人名で会社の電話にかけてくる人は少ないでしょう。

 

個人名でかかってきた電話を、『仕事関係じゃないな。カードローンでお金を借りたかな。』と言った形で勘繰られバレるわけです。

 

カードローンとバレないにしても、会社の電話に友達からかかって来るのは上司・同僚共にいい顔はしないと考えられます。

 

予め、「クレジットカードを作った」とか「住宅ローンの勧誘だった」とか言い訳を考えて、聞かれたら上手くごまかしましょう。

 

家族にお金を借りたことがバレないための注意点

 

家で他人(家族)にキャッシング・カードローンがバレるケースで多いのは明細書などが送られてきて、家族がそれをチェックした時です。

 

封筒は一見するとキャッシング・カードローン会社とわからないようになっていますが、スマホが発達した時代、ちょっと調べればゴロゴロ情報が出てきます。

 

明細書は郵送で送ってこないよう、WEBで確認するように設定を替えましょう。WEBでの確認は会員ページにアクセスする事でできます。

 

もう一つ、他人(家族)にバレるケースがあるのが、財布の中身を見られた時です。

 

財布にキャッシングカードが入っていると、「なんだこのカードは?!」と言う風に怪しまれます。
お財布は放り出したりせずに、キチンとしまうようにしましょう。

 

滞納をすると督促状が来ますので、滞納も絶対に行わないようにしてください。

カードローン会社からの在籍確認ってどういう内容?在籍確認をやめてもらう方法はあるの?

職場に電話がかかって来る在籍確認、今までカードローンでお金を借りたことが無い人は躊躇してしまいますよね。

 

やましい事をしている訳ではないけど、カードローンに頼るのを同僚や上司には知られたくない人の方が大半です。

 

多くの人が不安に思う在籍確認、その内容と在籍確認をやめてもらう方法について解説します。

 

在籍確認は職場に所属しているかの確認

在籍確認は職場に電話をして、その職場にキチンと所属している事を確認する事が目的になります。

 

カードローンの他に、クレジットカード会社でも在籍確認を行う所はあるので、別段お金を借りる時だけ在籍確認が行われるわけでは有りません。

 

この在籍確認の電話、消費者金融のキャッシングなら何処も会社名を名乗らず個人名でかけてくれます(銀行カードローンは銀行によって違います)。

 

個人名なら電話を取った人も消費者金融とは気づかないので、職場の同僚に知られたくない人は銀行より消費者金融に申し込んだ方がいいでしょう。

 

在籍確認の内容は「○○さんはいますか?」という文字通りその会社に籍を置いているかどうかの簡単な確認になります。必ずしも本人が出る必要はなく、「ただいま外出中です(席を外しています)。」と他の社員が答えたとしても在籍の確認は取れるので問題ありません。

 

実はあった!在籍確認の職場への電話をやめてもらう方法

「電話を個人名でかけてくるって言われても、個人名でもかけてきてもらいたくないよ!」と言う人も多くいるかと思います。

 

在籍確認は本人確認法等のルールで決められているので、金融機関は在籍確認を省くことは出来ません。

 

しかしながら、在籍確認は電話で必ずしも行うとは定められていないので、お願いをすれば別の方法をもって在籍確認を行う事が出来る余地が金融機関にはあります。

 

利用するには、『指定のメガバンク銀行口座を開設している』、『会社員で健康保険証を持っている』など条件を満たす必要がありますが、心配な在籍確認を電話以外の方法で確認してもらう事が出来るのは大きな利点と言えるでしょう。

 

どうしても在籍確認の電話が嫌だという人は、電話連絡なしのモビットのWEB完結サービスなどを利用してみてください。

 

堂々としていれば在籍確認はバレません

在籍確認の電話は、オドオドしているので感づかれるものです。

 

匿名でかかってきた電話はクレジットカード会社のものか消費者金融や銀行カードローンのものかわかりません。

 

電話を取る人に、「クレジットカードを作ったので匿名で電話がかかって来るかも」と言っておけば、怪しまれる事もないでしょう。

 

銀行名を名乗る銀行カードローンから借りたのであれば、銀行のサービスは住宅ローンや投資信託の販売など色々あるので、堂々としていれば「カードローンでお金を借りたな。」とはだれも思わないものです。

 

そもそも他人にかかってきた電話に興味がある人はいないので、在籍確認を過度に怖がる必要はありません。

 

 

スムーズにお金を借りるポイント・条件・注意点

お金を借りなければいけない時、スムーズに借入を行う事は誰しも希望しているものです。

 

折角申し込んだのに、いくら待っても連絡が来なかったり、待たされたり、挙句の果てに審査に落とされたりしては時間と労力の無駄になってしまいます。

 

スムーズな借入をするには、借入を考えている業態の審査ポイントについて理解すること、即日融資が受けられる業態かをチェックすること、待ち時間を短くするための申し込み方法を理解する事が大切です。

 

お金を借りるなら知っておきたい、スムーズに借りるためのポイント・条件・注意点について解説します。

 

カードローンの審査について理解する

お金を借りる時は、銀行カードローンか消費者金融カードローンのどちらかに申し込み・審査を受ける必要があります。

 

金利は銀行より消費者金融の方が高いですが、審査の通過率は消費者金融の方が一般的に基準は緩くなっています。

 

特に『パート・アルバイト、派遣社員、契約社員に従事する非正規雇用者』や『年収が低い人』、『就業年数が浅い人』は、銀行カードローンの審査は厳しい結果になりがちです。

 

審査に落ちると時間と手間がとられるので、自分の状態を客観的に見つめなおし、審査への自信度合いで銀行カードローンか消費者金融カードローンかを決めましょう。

 

即日融資を受けたい時に注意する事

その日の内に融資を受けたいのであれば、銀行カードローンに申し込まないように注意しなければいけません。

 

銀行カードローンは2018年1月以降、業界ルールの改正で、審査に顧客が申し込んだ後、一度警察のデータベースに顧客情報を照会するルールになったため、時間がかかるようになりました。

 

警察への照会は回答が来るまで1日以上かかるので、どんなに審査を急いでも1日以上の審査時間がかかり、即日融資を受ける事が出来ません。

 

スムーズな借入は銀行カードローンでは行えませんので、融資を急いでいる人は銀行ではなく消費者金融に申し込むようにしてください。

 

自動契約機にいきなりいかず、WEBから申し込む

大手消費者金融は駅前を中心に、色々な場所に自動契約機を用意してくれています。

 

お金が欲しい時、直ぐに自動契約機に行きたくなりますが、いきなり自動契約機に行って申し込むと審査待ち時間が長くなり、お勧めできません。

 

自宅でWEBから申し込んだあとに自動契約機を訪れた方が、スムーズな借入を行う事ができるのです。

 

WEBで申し込みをした後、審査結果が返ってきますので、本人確認書類や収入証明書(必要ならば)を用意して、自動契約機を訪れることがポイントです。
更に詳しく知りたい方はお金を借りる方法も参考にしてみてください。

更新履歴